ホンダ「フィット」が首位返り咲き、「復活」のワケは?

印刷

   ホンダが、ようやく「元気」を取り戻した。2013年10月の新車販売ランキングで、新型「フィット」が2年6か月ぶりに首位に返り咲いた。軽自動車の「N BOX」も4位に健闘している。

   11月20日から東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー 2013」では、2015年発売予定のスポーツカー「NSX」のコンセプトモデルを国内で初公開。ホンダのブースコンセプトは「枠にはまるな。」と、かつての威勢のよさを感じさせる。

北米・アジアの好調で、4~9月期は増収増益

10月の新車販売で2年半ぶりに首位に躍り出たホンダ「フィット」
10月の新車販売で2年半ぶりに首位に躍り出たホンダ「フィット」

   「フィット」はホンダの世界戦略車だ。伊東孝紳社長が「渾身のハイブリッドシステムを搭載した」と絶対の自信を見せたように、6年ぶりのフルモデルチェンジで、ガソリン1リットルあたり36.4キロメートルのハイブリッド車(HV)としてはトヨタ自動車の「アクア」を上回る、世界最高燃費を実現。さらに、そのアクアよりも5万円以上安い169万円からという低価格を打ち出したことで、消費者の注目を集めた。

   フィットの2013年10月の新車販売台数は、前年同月に比べて約2.5倍増え、2万3281台だった。新型フィットは9月6日に発売。最初の1か月間で月間販売計画(1万5000台)の約4倍となる6万2000台を超える受注があり、好調な滑り出しをみせた。9月の販売台数は1万9388台にとどまったが、10月は2万台を超えた。

   また、「軽」人気が続くなか、「N BOX」は10月の軽自動車の車名別ランキングで、スズキの「スペーシア」に3234台の差をつけて首位(1万7600台)だった。全体では4位にランクインしている。

   N BOXは12年度には「軽NO1」の23万6287台を販売。13年上期(4~9月期)もトップの11万155台となり、「ホンダ急伸の原動力」とされる。

   N BOXが点火した「勢い」が、フィットでいよいよ「本物」になったというわけだ。

   ホンダが10月30日に発表した2013年4~9月期連結決算によると、売上高は前年同期比21.6%増の5兆7243億円、営業利益は28.7%増の3564億円、純利益は13.5%増の2428億円の増収増益となった。

   4~9月期の四輪事業の連結売上台数は、3.7%増えて172万7000台。北米やアジアでの売り上げが大きく貢献した。

   自動車セクターに詳しい伊藤忠経済研究所の丸山義正・主任研究員はホンダの好調の要因について、「設計や生産体制、販売体制と幅広い分野の変革によるもの」とみている。「自動車メーカーにとって最も重要な、需要を踏まえた売れるクルマつくりの実現のため、経営資源を軽に集中したことがN-BOXのヒットを生み、また消費者の低燃費需要を捉えて、新型フィットやアコードなどトヨタ車を凌駕する燃費性能をもつHV車を投入したことは高く評価できます」と話している。

F1参戦表明でムードが一変

   一方、「東京モーターショー 2013」(11月20日~12月1日)に出展される「軽」のオープンスポーツカーのコンセプトモデル「Honda S660 CONCEPT」は、「ビート」の後継として2014年に発売を予定している。

   スポーツカー「NSX」のコンセプトモデル「NSX CONCEPT」は、日本初公開。2013年8月にホンダの米現地法人、アメリカン・ホンダモーターが試作車によるデモンストレーションを、米オハイオ州で開催されたインディカーシリーズ第14戦で、世界で初めて公開して話題を呼んだ。現在、米オハイオ工場で量産開始に向けて開発中で、2015年発売の予定だ。

   ここ数年、「ホンダは元気がない」と言われ続けてきた。リーマン・ショックに、東日本大震災やタイの大洪水と災害によるサプライチェーン混乱があったとはいえ、北米市場ではゼネラルモータースやフォード、クライスラーが復調。韓国の現代自動車も売り上げを伸ばしていた。低調だったのはトヨタとホンダだけだった。

   その中にあって、復調ムードを一気に高めたのがフォーミュラーワン(F1)レースへの復帰であり、スポーツカー開発だったようだ。

   前出の伊藤忠経済研究所の丸山氏は、「F1参戦は、経営やクルマづくりの土台が整い、余裕ができたことのあらわれ」と話す。

   ホンダは5月、F1シリーズへの復帰を発表した。2015年からマクラーレンにエンジンを供給。実現すれば1988~91年に黄金時代を築いた「マクラーレン・ホンダ」が復活することになる。

   スポーツカーこそ、「ホンダらしさ」なのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中