台風被害のフィリピン 中国は支援に消極的

印刷

   台風30号により甚大な被害を受けたフィリピンへの国際支援が進んでいる。日本からは国際緊急援助隊が派遣され、菅義偉官房長官は「フィリピン政府の要請があれば自衛隊を派遣できるよう調整する」と話した。

   各国が支援を表明するなか、渋っていると言われるのが中国だ。中国政府と中国赤十字はこれまでに10万ドル(約990万円)の支援を決めたが、米国の2000万ドル(約19億8000万円)、日本の1000万ドル(約9億9000万円)などと比べると極めて小額だ。日本のように人道援助の実施もしていない。

   中国とフィリピンの間では、南シナ海で領有権問題が生じており、これが原因で支援に消極的なのではないかとの見方もある。こうしたなか、中国外務省は14日、1000万元(約1億6000万円)相当の物資の追加支援を明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中