ノブコブ吉村、「『不明母』がブログに」問題で釈明 ネットでは「後付け感ハンパない」と冷ややかな反応

印刷

   お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さん(33)が「6歳で生き別れた母親」を捜し歩くというテレビ企画の放送を前に、7年前の吉村さんブログに「母」が登場していたことが分かった問題で、吉村さんが自身のブログで釈明した。

   しかし、「母」のブログ掲載は2006年だが写真撮影は2000年ごろで、載せた理由は彼女への飲み会参加の説明……などと、すっきりとしない内容だったため、ネット上では騒ぎは収まっていない。吉村さんは、詳細は2013年11月19日の放送で明らかになるとも説明している。

2006年の吉村さんブログに「10何年ぶりに会う…母」の写真

   番組告知などによると、吉村さんは19日に放送される「解決!ナイナイアンサー2時間スペシャル」(日本テレビ系)の新企画「心のしこり旅」で、生き別れた自身の母の行方を追った。6歳のときに両親が離婚した吉村さんは、高校卒業まで父親と祖父母と暮らしており、ロケの前には、母親について「今は生きているのか、亡くなっているかも分からないですね」とコメントしていたという。27年ぶりの再会なるか、と放送前から注目が集まっていたのだが、14日ごろからインターネット上で、「疑問」や「矛盾」が指摘されるようになった。

   そのもととなったのは、06年9月11日の吉村さんのブログだ。不意打ちで撮ったような女性の写真とともに「えー写真のこの方はえー母です。アタクシの母です。10何年ぶりに会う…母です。北海道に帰郷中に会いました」などと綴られている。ブログ記事の発掘後、「放送前にヤラセ確定」「カット出来るのかねw」などとネット上はたちまち騒然となった。

   加えて、11月14日(2013年)まではあったはずの次回予告動画から吉村さんの部分がカットされたことで、騒ぎはさらに大きくなった。これについて番組関係者は、15日のJ-CASTニュースの取材に対し、「手違いがあった。オンエア中に訂正のテロップが流れる」と一部でミスがあったことを認めていたが、写真との整合性など詳しい事情は分からないままだった。

母写真掲載は「彼女に飲みに行く説明を上手くでき」なかったから?

   こうして注目を集めるなか、吉村さん本人が11月16日にブログを更新し、事情の一部を説明した。まず、06年9月の写真について「あの写真は2000年頃の写真です」として、06年には会っていないと明かした。それを同ブログに掲載した理由については、「こっぱずかしく情けない話なのですが、、、」と前置きした上で、「当時付き合ってた彼女に知り合いと飲みに行く説明を上手くできず、、、母親と今一緒に居るかのように写真を載せてしまいました。すいません!」と釈明、謝罪した。

   だが00年に撮影した写真ならば、吉村さんが20歳の頃に母親と会った、少なくとも生きているという事実を知っていたこととなり、「6歳で生き別れた」という表現に疑問が生じる。これについて吉村さんは「何故2000年に会っていたのか!?それは19日ナイナイアンサーで放送されます。そこにあるのが全ての真相です!」とブログでは真相を明かさずに番組をPRし、「皆様、お騒がせして本当に申し訳ございませんでした」と結んだ。

   ブログ記事に対しては、「炎上は気にせずがんばってください」「真相が知れてよかったです」などの好意的な声が寄せられているが、今回の説明だけでは腑に落ちないという人も多いようだ。「2000年に会って写真持ってるなら、生きてるの知ってるじゃん」「後付感ハンパない内容なんだけど、日テレと吉本内で話し合って決めた内容でしょこれ」「どちらにしてもその当時の彼女に嘘をついたって事だよねぇ~」といった批判的な意見が多々あがり、「沈静化」とは程遠い状況となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中