「中国スマホ」急成長 華為技術が世界トップスリー入り

印刷

   スマートフォン(スマホ)の世界市場で、中国メーカーが存在感を高めている。2013年7~9月の世界の出荷台数では、米アップルと韓国サムスン電子の「2強」に続く3番手に、中国の華為技術(ファーウェイ)が食い込んだ。

   「ものまね」と批判されても意に介さず、母国では低価格と顧客ニーズに応じた製品開発でシェアを拡大し、巨人アップルですら苦境に追い込まれている。

レノボ、ファーウェイ、ZTEが上位にランクイン

シャオミーのサイト、どことなくアップルに似ているような…
シャオミーのサイト、どことなくアップルに似ているような…

   米調査会社ストラテジー・アナリティクスの2013年10月28日付発表によると、2013年7~9月期のメーカー別世界スマホ出荷台数は、首位がサムスンの8840万台で、シェアは35%に達した。2位がアップルで3380万台、13%となった。アップルがいまひとつ伸び悩んだが、9月20日に発売された最新機種「アイフォーン(iPhone)5s」が出荷データに反映される10~12月期には数字を伸ばすだろうと予測している。

   米ガートナーが11月14日に発表した同様の調査結果では、聯想集団(レノボ)が3位につけた。別の調査でも、この中国2社がトップファイブ入りしている。前期の2013年4~6月期には、中興通訊(ZTE)もランクインしていた。

   ほんの2年前のランキングではノキア(フィンランド)やリサーチ・イン・モーション(現ブラックベリー、カナダ)、HTC(台湾)といったメーカーが上位に名を連ね、中国企業は圏外だったことを考えると隔世の感がある。

   中国メーカーの力強さは、おひざ元である中国市場で顕著だ。調査会社カナリスによると、2013年7~9月期の中国スマホ市場のシェアは、首位こそサムスンだが2位レノボ、3位チャイナ・ワイアレス・テクノロジーズ、4位ファーウェイと地元勢が独占し、5位にようやくアップルが顔を出す。6位以下も小米科技(シャオミー)、ZTEと海外メーカーを寄せ付けない。

   スマホの普及で低価格機種の需要が伸び、これに中国メーカーがこたえている。「安かろう悪かろう」の製品しか出せないメーカーは淘汰され、顧客ニーズに合わせて幅広い価格帯を用意し、費用対効果の高い製品を開発するメーカーが大きく飛躍した。アップルが「廉価版」をセールスポイントに投入した「iPhone5c」は、中国では約7万円とも伝えられ「ちっとも安くない」と消費者にそっぽを向かれてしまった。これなら、性能面で引けを取らず、しかもずっと安価な「国産品」を手に入れた方がよっぽどいい。

黒Tシャツにジーンズの「中国のジョブズ」

   中国メーカーの中でも急成長で、注目を集めているのが「シャオミー」だ。創業者の雷軍氏は、「中国のスティーブ・ジョブズ」の異名をとる。黒いTシャツにジーンズといういでたちで新製品をプレゼンテーションする姿は、アップル創業者のジョブズ氏を強く意識したものなのは間違いない。それどころか、製品までも見た感じiPhoneそっくりで、ウェブサイトのデザインもどことなくアップル似なのだ。

   だが単なる「キワモノ企業」ではない。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を改良した独自OSを開発、端末の性能は本家iPhoneに勝るとも劣らず、それでいて価格はずっと安い。例えば「紅米」という機種は799元(約1万3000円)と格安だが、カメラの性能が高いのが特徴だ。「エコノミスト」誌11月5日号の記事では、中国の若者は交流サイトに自分の写真を掲載する機会が非常に多く、スマホ購入の際にはカメラ機能を重視する。「紅米」はそのニーズをしっかり押さえているというわけだ。また、最新モデルは高機能だが1999元(約2万8000円)と、「廉価版」iPhone5cの半額以下となっている。

   生産はすべて外部に委託。販売店を持たず、家電量販店すら通さずにウェブサイト上でのみ販売する。2010年の創業からわずか3年で、中国国内ではアップルとシェア争いをするまでに成長したのは、徹底した「まね」に加えて、強い開発力とコスト圧縮のあくなき追求が原動力となったようだ。

   国内で足固めをした中国メーカーは、徐々に世界に進出し始めた。レノボはインドやベトナム、タイ、ウクライナといった国々で販売を開始しており、「まずは新興国で実績を作る。その国が成熟国」との戦略を立てている(「週刊東洋経済」2013年9月21日号)。

   青森公立大学経営経済学部准教授の木暮祐一氏は、「現状では新興国がターゲットでしょう。展示会では中国メーカーの担当者が、新興国のVIPを相手に説明する様子をよく目にします」と話す。

   中でもファーウェイは、携帯電話基地局の建設など通信インフラの分野で世界有数のシェアを誇るという「武器」がある。アフリカなど通信が未整備な土地に参入してインフラ建設を請け負い、「ついで」に安価な端末を販売してスマホのユーザーも獲得してしまうという筋書きが見えてきそうだ。

   ただ日本市場では、中国スマホがシェアを獲得するのは難しそうだと木暮氏。国内でも徐々にスマホのラインナップに加えられてきたが、どちらかと言えば「ローエンド」製品で、高機能スマホを求める日本人には訴求しきれず、ブランド力もiPhoneなどと比べて弱い。当面は、シェア拡大が望める新興国での勝負に徹するとみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中