「35万円」、自宅車庫のバイクにチラシ貼られる 声優の緒方恵美さん「信じられない」

印刷

   自宅車庫のバイクに35万円で売ってほしいとのチラシが貼ってあったとして、声優の緒方恵美さん(48)がツイッターで不満を訴えている。ネット上でも、同じ業者に勝手にチラシを貼られたといった報告が相次いでいる。

   「信じられない…自宅車庫内に止めてあったバイクに、今朝、付けられてたよ」。緒方恵美さんは2013年11月17日、ツイートでこうつぶやき、写真をアップした。緒方さんは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の碇シンジ役などで知られる。

8000回ほどもリツイートの大反響

ツイートが大きな話題に
ツイートが大きな話題に

   写真をみると、チラシは緒方さんのバイクのハンドル近くとみられる場所にかかっている。ホッチキスで飛ばないように留めてあったといい、カラフルなデザインのチラシには、「こちらのバイクを35万円でお譲りください」とあった。そして、フリーダイヤルや携帯電話の番号とともに、バイク買取専門店の名前が記されてあった。

   緒方さんは、自宅の敷地内にまで入られたことに「住居不法侵入になんないの?(ー ー;)」と戸惑いをみせる。11月8日のブログでは、20数年ぶりにバイクを買った喜びがつづられており、ツイッターでは、「3倍だって売らねえよ!アホか!」と不快な気分になったことを明かしていた。

   このツイートはすぐに大きな話題になり、18日夕現在で8000回ほどもリツイートされている。そこでは、緒方さんに同情する声とともに、自分も同じ業者にチラシを貼られたことがあるとの告白も相次いだ。

   チラシを貼ったままにしておくとバイク窃盗団に狙われるとの指摘もあり、九州地区で出しているバイク雑誌「二〇(フタマル)」の編集長はツイッターで、「あれは純粋に買取りもいるけど、盗難目的の『お、コイツ全然バイク構ってないじゃん、だったら俺が可愛がってやる』チェックしてる悪徳業者いますからねえ」と明かした。編集部にも苦情がたくさん来たそうだ。

「苦情はあるが、改善しています」

   ネット上を見ると、同じ業者にバイクを売ったという報告もいくつか行われていた。

   あるブロガーは2009年12月28日、この業者に電話して来てもらうと、チラシにあった3万円では売れないと言われたと明かした。夜にバイクを見たので細かいところをチェックできなかったというのだ。結局、業者の言い値で売り、領収書の金額欄も空白にさせられたそうだ。チラシには、緒方恵美さんのケースと同様に、すぐに廃車の連絡をするとあったが、その後連絡はなく、不安だと漏らしていた。

   この業者はチラシ配布スタッフなども募集しており、その情報などから拠点の1つが横浜市都筑区にあるらしいことが分かった。近くの会社に取材すると、こんな話を教えてくれた。

「そこには看板はないですが、バイクを持ち込んでは、いじっていました。入れ替えが激しいものの、常に10台ぐらい置いてありましたよ。分解しているのは見たことがありません。3、4人が出入りしており、黒塗りの高級車も置いてありました。2年ほど前にここに来たようですが、話したことはないですね」

   業者のフリーダイヤルにかけると、男性スタッフが出て取材に答えた。

「自宅車庫のバイクにも貼られたという苦情は確かに来ていますが、改善していっています。買い取ったバイクは、中古車販売店で売っています」

   しかし、拠点のある場所などについては答えず、詳しく聞こうとすると、電話を切ってしまった。

   国民生活センターによると、バイクの買い取りについての相談は、ここ数年徐々に増えており、12年度は2年前の倍の122件あった。相談内容は、もっと高く買ってくれるところがあったので、買い取りの契約を止めたい、などで、強引なケースも数件あった。ただ、自動車の相談の10分の1ほどしかないという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中