「軽」の低燃費競争 スズキ「アルトエコ」1リットル35キロ

印刷

   軽自動車の低燃費競争が過熱している。スズキは2013年11月19日、ガソリン車では最高となる1リットルあたり35.0キロメートルの燃費を実現した軽自動車「アルトエコ」を12月18日に発売すると発表した。

   現在、最も燃費のよい「軽」の、ダイハツ工業「ミライース」(33.4キロメートル)を抜いてトップとなる。

   スズキの「アルトエコ」は、エンジン内のピストンの圧縮比率を高めることで、より少ない燃料で出力を維持できるようにしたほか、エンジンオイルを見直して摩擦抵抗を低減。燃費性能を従来より6%改善した。ガソリン車で最高の燃費効率となり、トヨタ自動車のHV「アクア」(35.4キロメートル)と同水準となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中