えっ!ブッシュ前大統領「画家」に転職? 得意の絵は「かわいいワンちゃん」

印刷

   あのブッシュ前大統領(67)が、「画家」に転身したらしいとの情報が、海の向こうから伝わってきた。

   9・11後、「対テロ戦争」を繰り広げ世界中の毀誉褒貶を集めた男は、今は絵筆と愛犬を友とする平穏な日々を送っているとのことだ。

「人生が変わった」というほどのめりこむ

ブッシュ前大統領の「画家」ぶりを紹介した米国のテレビ番組(FOXテレビより)
ブッシュ前大統領の「画家」ぶりを紹介した米国のテレビ番組(FOXテレビより)
「今のボクの職業は、画家なんだよ。……少なくとも、ボクはそう思ってる」

   CNNのトーク番組に出演した「前大統領」ブッシュ氏は、冗談とも本気ともつかぬ表情でそう語り、会場をどっと笑わせた。

   政権を降りて4年余り。同時多発テロ事件、アフガニスタン侵攻、イラク戦争――2期8年にわたり世界に「米国の正義」を押し通したかつての大統領は、地元のテキサス州で悠々自適の「隠居生活」を過ごしている。「8年でもう十分だよ。スポットライトを浴びることも、懐かしいとは思わない」とは当人の弁だ。

   そんなブッシュ氏が、新たな趣味として出会ったのが絵画だという。4月のインタビューでも「人生が変わった」と語るほど、すっかりのめりこんでいるとか。

   いったいどんな絵を描いているのだろうか。絵の「師匠」であるボニー・フラッドさんは米FOXテレビの取材に、その作品のいくつかを紹介している。特に多く手掛けるのは、大好きだという「犬」の油絵だ。それも小型犬のものが目立つ。繊細――という感じではないが、愛らしさの伝わってくる作品だ。

「将来は立派な『芸術家』として名を残すかも」

   このほかメディアが紹介するところでは、猫、風景、静物、そして「自画像」にも挑戦している。風呂場でシャワーを浴びている後ろ姿という、ちょっと変わったものだ。上記のトーク番組出演時には、司会者に自ら描いた肖像画もプレゼントした。

   師匠のフラッドさんは、「すごい情熱よ。将来は立派な芸術家として、歴史に名を残すかも」と太鼓判を押す。CNNも有名批評家のジェリー・サルツさんの、

「ブッシュ前大統領は政治的に嫌いなので正直ショックなんだが、彼の絵のいくつかは結構好きなんだ。その風変わりさ、そして自分の個人的な世界を描こうとしているところが良い」

との評を掲載している。

   他のメディアも相次いで特集を組むなど、「画家・ブッシュ氏」は着実に人気上昇中だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中