「お世話になった」「さびしい」…Winamp終了を惜しむ声 赤松健さんも

印刷

   音楽、動画ファイル用プレイヤーソフトとしてかつて人気が高かった「Winamp(ウィンアンプ)」が、2013年12月20日で配布を終了することとなった。開発元のNullsoftが明らかにした。

   1997年に提供開始。MP3の利用が広まった1990年代末~2000年代前半にかけ、音楽再生ソフト「定番」として世界的に普及する。一般ユーザーでも制作可能な「スキン」を使い、外観を自分好みに変えられる機能も支持が高かった。しかしアップルのiTunesなどライバルに押され、近年では影が薄くなっていた。

   日本のネット上でも、漫画家の赤松健さんが「あのカスタマイズ性の高さは凄かった。スキンさえ変えられないiTunesに負けて悔しい」とツイッターでつぶやいたのを始め、「お世話になりました」「さびしいね」などと懐かしむ声、惜しむ声が多く聞かれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中