脳梗塞にかかった佐藤秀峰に「死亡説??」 本人「アンチには悪いが順調に回復!」

印刷

   「海猿」「ブラックジャックによろしく」などの大ヒット作を持つ漫画家の佐藤秀峰さん(39)が脳梗塞で緊急入院した。ところが、ネットでは佐藤さんの容体を心配する声よりも「ざまあwww」「医療ものを描いているくせに」などといった罵倒が相次いだ。

   さいわい、脳梗塞は軽度だった。本人はバッシングが出ることは予想していたようで、

「アンチの皆様には残念なお知らせとなりますが、順調に回復しておりますよ」

と健在ぶりをアピールしている。

「出版社とテレビ局の呪いのせいで倒れてしまった」!?

   佐藤さんは2013年11月19日に自身の公式ブロマガで「佐藤秀峰死亡説?」というタイトルの記事を掲載した。18日に脳梗塞の疑いで緊急入院したと明かし、手に点滴の針を刺している写真を公開した。

「でもご心配なく。この通り、文章も書けます」

と病状は軽度だとアピールした。

   ネットでは佐藤さんを心配する声、応援する声が挙がったが、「天罰が下った!」「医療マンガを描いてこのザマ!」などといったバッシングも多かった。

   そしてブロマガの22日付けに、ネットニュース「ガジェット通信」のインタビューに応じ、入院中の写真を提供した、と書き記事へのリンクを張ったところ、ますますそれが激しくなってしまった。インタビューでは脳梗塞に至った経緯を聞かれ、疲れやすく飲んでも回復が遅れ、頭痛がしたことについて、

「『これは出版社とテレビ局の呪いだ』と自分に言い聞かせて日常生活を送っていました」

と答えた。さらに、病院のおいしいご飯が食べられるのも「出版社とテレビ局のおかげ」と回答している。最後にファンに対して、

「何でもします。見捨てないでください。復活する予定なので」

とメッセージを送ったが、掲載されている写真がふざけすぎているとの批判もかうことになってしまった。

「ご心配の声を上回るご批判の声。ありがとうございます」

   佐藤さんといえば大ヒットマンガ「ブラックジャックによろしく」を02年2月から講談社「週刊モーニング」で連載していたが、講談社がマンガ内のセリフの無断改ざんや無断で2次使用の許可をするなどあまりにも漫画家をバカにした態度を取ったとして、2007年1月に小学館の「ビックコミックスピリッツ」へ移籍。12年4月に講談社に出版契約解除を申し出て絶版が決まった。また、自身のサイトで「マンガは出版社のものか漫画家のものか」という論陣を張り、出版業界の収益構造の内幕を暴露、漫画家に対し適正な報酬を支払えと訴え、自身のマンガは自身のサイトでネット販売するという新機軸を示した。

   12年10月26日にはフジテレビとの絶縁をツイッターで宣言した。こうした一連の行動は賛否両論に分かれ、熱狂的なシンパを増やしたことも事実だがアンチを抱えることにもなった。

   こうした経緯から、脳梗塞になってもバッシングが出ることは予想していたようで、13年11月22日付けのブロマガで、

「ご心配の声を上回るご批判の声(ステマ、そのまま死ねば良かったのに、などなど)をいただき、予想通りと言うか、ありがとうございます」

と感謝の意を表している。そして、

「アンチの皆様には残念なお知らせとなりますが、順調に回復しておりますよ」

と健在を表明していて、退院後はこれまで以上に執筆やネット出版関連のビジネスに力を入れていく考えだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中