ほっしゃん。「改名か死んでほしい」と要求された? 「ほっちゃん」堀江由衣を巡りまたまたトラブル

印刷

   大人気アイドル声優で歌手の堀江由衣さん(37)が、芸能人がらみの騒動にまたも巻き込まれてしまった、とネットで騒ぎになっている。お笑い芸人のほっしゃん。さん(42)が自宅前で青年から受け取った手紙に、「ほっしゃん」と似た名前の声優がいて紛らわしいため改名するか死んでほしいと書いてあった、とツイッターで激怒しているからだ。

   堀江さんのニックネームが「ほっちゃん」というのは有名で、一部のファンはこのニックネームを口にすると「ほっしゃん。」の顔が思い浮かぶなどと不快に感じていた。

「紛らわしいから名前変えるか、死ぬか、どっちかにしてくれ」

ほっしゃん。さんはツイッターで激怒
ほっしゃん。さんはツイッターで激怒

   ほっしゃん。さんは2013年11月24日にツイッターで、自宅マンション前で怪しい青年に手紙を渡された、とつぶやいた。部屋で手紙を読んだところ、その青年には「ほっしゃん」という大好きな声優がいるという。ほっしゃん。さんは手紙を読んで、

「紛らわしいから名前変えるか、死ぬか、どっちかにしてくれ、って書いてた(笑)…名前は変えへんし、何の感情もないオマエの意見で俺が死ぬかボケ!(呆)本人連れて来い!」

と激怒した。

   ネットでは「ほっしゃん」という名前の声優は存在しないけれども、この名前の響きで真っ先に思い浮かぶのは「ほっちゃん」こと堀江さん。手紙に書いてあった声優は堀江さんに間違いないと騒ぎになった。この二人の容姿やイメージは全く異なるが、名前が似ていることについて不快感を覚える堀江さんのファンが昔からいた。

   堀江さんは1996年に声優デビューした売れっ子の大人気アイドル声優。歌手としても単独の日本武道館コンサートを開くと全席を完売する人気ぶりだ。ネットで堀江さんのファンたちはほっしゃん。さんの今回のツイートに怒りを覚える人が多くいて、ほっしゃん。さんが今の芸名に変えたのは1999年だから既に堀江さんはデビューしているし「ほっちゃん」と呼ばれていることも知っていたのではないか。今回このツイートはある種の「売名行為」であり、手紙を受け取ったというのもネタなのではないか、とし、

「引き合いに出された方も名誉棄損で訴えてもいいんじゃないか。芸人ってどうしてこう行動が無責任なんだろう」
「なんでバカッターでその声優に迷惑かけるようなことを言うのか」

などと批判が出ている。

   そして、堀江さんがまたしても芸能人がらみの騒動に巻き込まれてしまって気の毒だ、という意見も散見される。

本人の預かり知らないところで「事件」が起こる災難

   前の騒動というのは11年12月、ビジュアル系バンド「人格ラヂオ」のボーカルがブログで、堀江さんが表紙を飾っている雑誌の写真をアップし、声優は本当に声優っぽい顔をしている、という感想を述べた後に、

「アイドルってほどではないっていうか 劣化ってわけじゃないけど チープっていうか ディズニーランドではなくUSJというかね」

などと書き、声優ファンから袋叩きにあった「声優の顔はチープ事件」だ。

   経緯としてはこのバンドがアニメ「男子高校生の日常」のエンディング曲を担当することになり、アニメや声優を扱う雑誌からインタビューを受けることになった。堀江さんが表紙の雑誌はたまたまインタビューを受けた出版社から渡されたものであり、チープは堀江さんを指したものではないと弁明したのだが、このバンドはエンディング曲の担当から外されCDも発売中止となり活動も休止することになった。ネットではこの騒動を思い出す人も多く、

「ほっちゃんも変なビジュアル系のやつにチープな顔ってディスられたり、直接関係ないところでいろいろ傷つけられてかわいそうだなあ」
「堀江由衣も本人の預かり知らないところで何かが起こるなんて災難だな」

などといった感想が出ている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中