熱愛報道のNHK有働アナ メールで「ワキの甘い私です」

印刷

   NHK紅白歌合戦の総合司会を務める有働由美子アナウンサー(44)と一般男性との「手つなぎデート」が2013年11月26日発売の週刊誌「女性自身」に報じられた。

   レギュラー出演している情報番組「あさイチ」でいじられ赤面するなど、幸せオーラ全開の有働さんに、インターネット上でも祝福の声が多数あがっている。ただし「結婚」については明確に否定、あくまで今の形での恋愛を楽しんでいるようだ。

写真からは幸せオーラが溢れていた

「手つなぎ愛」報じられた有働アナ(12年11月撮影)
「手つなぎ愛」報じられた有働アナ(12年11月撮影)

   「女性自身」がデート現場をキャッチしたのは11月下旬のある日のことだ。記事によると、有働アナは都内にある自宅マンションに帰宅した後、40代と思われる内野聖陽さん似の男性と一緒にマンションを出て、晩ごはんの買い出しに向かった。お店では自ら男性の腕に手を回し、高級生ハムを見つけた時には「これ買うの!」と駄々っ子のように甘える姿もみせたという。男性はそのまま泊まったようで、有働さんは翌朝5時にタクシーで出勤し、男性も10時過ぎに家を後にした。掲載されている数枚の写真からは幸せオーラが溢れていた。

   報道後、出演した番組でも幸せそうな様子をみせている。26日放送の「あさイチ」では、さっそく出演者陣にいじられた。有働アナは直前に放送されていた朝ドラ「ごちそうさん」内の夫婦げんかを受け、番組冒頭で「男ってなんであんなにいじっぱりなんだろうね」とコメント。ゲストのつるの剛士さんに意見を求めたのだが、「その話、家帰ってやってもらえません?」と返され、井ノ原快彦さんからも「え、何かあったんですか?」と突っ込まれる。有働さんは「いやいやいや」と赤面しながら笑顔でごまかし、「今日は国会中継のため9時までの放送ですので急いでいきたいと思います!」と強引に軌道修正する微笑ましいシーンがあった。

   また有働アナの熱愛をトップニュースとして取り上げた「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ系)では、一緒にお酒を飲むこともあるという松尾貴史さんが、報道後に本人から「ワキの甘い私です」とメールがきたと話していた。

「結婚とか形にこだわるような年齢ではないので(笑)」

   言わずと知れたスターアナウンサーである有働さんだが、恋愛方面ではこれまでプロ野球選手や広告代理店の社員、東大卒の公認会計士などとの噂があったものの、未だ結婚には至っていない。そんな有働さんにとって久しぶりの「春」とあり、インターネット上では祝福ムードが広がっている。「うどん(編注:有働さんのあだ名)にロマンスきたーーーーーーーーーーーー」「それこそじぇじぇじぇだわwww」といった声に加え、視聴者からの脇汗に対する苦情FAXを読んだエピソードと絡めて「な、ぁ~にぃぃぃ~っ! 脇汗有働に熱愛報道~っ! うどん…やるなぁ…」と冷やかす声もあがった。

   中には「恋愛が成就して、吉報を期待してますよ」などと結婚に言及する人も少なくないが、有働さんは女性自身の取材に対し、父へ紹介する可能性について「ご期待に添えなくて申し訳ありませんが、まったくございません(笑)。結婚の予定もないです」と明言している。取材は広報を通してしか答えられないとして、多くは語らなかったが「ただひとつ言えるのは、44歳のおばちゃんなんで、自由にさせてくださいってこと。結婚とか形にこだわるような年齢ではないので(笑)」とコメントしていた。

   有働アナと男性がいつから恋愛関係になっているのかは不明だが、約1か月前の10月19日には、「あさイチ」ブログに「『もう』恋愛で傷つきたくないと思っているのは事実」といった思いが綴られている。「身を焦がすような恋をしてやけどでただれるくらいなら、刺激がなくても線香花火程度の火薬臭に酔うくらいでいいやと思っている」「よ~しがんばるぞ、と思った!すぐそのあとに、でも幸せが濃いと、薄まるのが怖い。幸薄いくらいの方が気楽かも」などと書いており、恋愛に対する慎重な思いもうかがえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中