韓国僧侶「盗難仏像、日本に返すべき」 行政審判で「即時返還」求める

印刷

   「日本から盗まれた仏像は、今すぐ返すべきだ」――韓国で、こんな行政審判が2013年11月25日申し立てられた。対象は、長崎県対馬市から韓国に持ち込まれ、いまだ日本への返還が実現していない仏像2体のうち、国の重要文化財に指定されている「銅造如来立像」。申し立てを行った僧侶・彗門(ヘムン)氏は、他国に渡った韓国文化財の返還運動を推進していることで知られる。韓国内では以前から、日本にある韓国文化財を取り戻すためにも、今回は問題の仏像を返還すべきとの声があり、今回の行政審判申し立てもこうした狙いがあるものとみられる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中