トヨタHV「アクア」、燃費世界一を奪還

印刷

   トヨタ自動車は、主力の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の燃費をガソリン1リットルあたり37.0キロメートルまで高め、2013年12月2日に発売する。11月26日に発表した。9月に発売したホンダの新型HV「フィット」(36.4キロ)から「燃費効率世界一」を奪還した。

   新型アクアはエンジン内部の摩擦抵抗を減らすなどして効率を高め、燃費を現在の35.4キロから1.6キロ向上したほか、遮音材を追加して静粛性を高めるなど乗り心地もアップした。価格は170万~195万円。

   10月の車名別の国内新車販売台数では、ホンダのフィットが2年半ぶりに首位に返り咲き、アクアは3位に後退した。「燃費効率世界一」で、販売台数でも首位を取り戻したい考えだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中