エドウイン、事業再生ADRで経営再建へ

印刷

   国内ジーンズ最大手ブランド「EDWIN」を展開するエドウイン(東京・荒川区)と、グループ会社28社のうち金融債務のある16社の計17社が2013年11月26日、事業再生実務者協会に対し、私的整理の一種「事業再生ADR」手続きの利用を申請した。

   エドウインは1947年、繊維製品を販売する「常見米八商店」として創業、69年に「エドウイン」として設立した。「EDWIN」などオリジナルブランド展開の他に米国のジーンズブランド「LEE」、「Wrangler」の日本での商権も持っていた。

   2008年のリーマン・ショックを機に、証券投資の失敗などで13年までに550億円の損失を出し、300億円余りの債務超過となったことから、取引先の銀行とともに経営再建策を模索していたが、なかなか進んでいなかった。

   今後は事業を継続しながら、引き続き再建策を探っていく。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中