長谷川洋三の産業ウォッチ
トヨタ自動車社長の明るい挨拶:「笑顔笑顔で東京モーターショーを祝おう」

印刷
「東京モーターショーと同じ時期に広州でもロサンゼルスでも自動車ショーが開幕した。世界の自動車業界にとって結構なことではないですか」

   日本自動車業界会長の豊田章男トヨタ自動車社長は2013年11月22日、第43回東京モーターショー2013」の公式開幕を祝うレセプションの合間に、東京モーターショーの地盤沈下を尋ねた私にこう答えた。

「自動車が好きなことを隠す必要など全くない。笑顔笑顔でモーターショーを祝おうではないですか」

   開会あいさつではこう強調、リーマンショックや大量リコール、東日本大震災を乗り切り、大幅な利益改善を追い風に満面の笑顔を見せた。「若者の自動車離れ」が指摘され、米ビッグスリーが参加を見送る中での東京モーターショーだが、トヨタ、日産自動車、ホンダなど日本メーカーはハイブリッド車(HV)や、電気自動車(EV)、「燃料電池車(FCV)の新モデルを出展し、エコと走りの楽しさを競って演出した。

「欧州の部品業界にとってもまたとないビジネスチャンス」

「日本にはトヨタ、日産、ホンダという世界の大手3社がいる。その有力社が演出する東京モーターショーは素晴らしい。欧州の部品業界にとってもまたとないビジネスチャンスだ。少子化などで日本の将来市場が暗いと言っても、日本のビッグスリーはどんどん世界に出ている。部品メーカーにとっては日本メーカーを相手にすることは非常に重要だ」

   開幕式に居合わせた欧州自動車部品工業会=CLEPA(ヨーロピアン アソシエーション オブ オートモーテイブ サプライヤーズ)のジャン・マーク・ゲール会長も日本の自動車メーカーの躍進に期待を寄せる。21日に広州モーターショー、22日にロサンゼルスモーターショーが始まり、東京モーターショーの存在がひところより薄れた感じだが、年間販売台数2000万台を超えた中国市場をはじめ、米国市場の回復もあって、当事者は笑顔、笑顔で対応していた。

長谷川洋三

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中