「ジリ貧」銭湯業界、外国人観光客に期待 「下着着たまま」などトラブル回避が課題

印刷

   2020年の東京五輪の開催が決定し、外国人観光客誘致に関心が集まっている。観光資源のひとつとして期待が集まっているのが、日本独特の「銭湯文化」だ。だが、「かけ湯」をしなかったり、下着を着たままで湯船に入ろうとしたり、と独自の作法を知らないことが原因のトラブルも頻発している。

   利用客低下に歯止めをかけたい銭湯業界では、あの手この手で対応に取り組んでいる。

訪日観光客の57%が「温泉入浴が期待以上」

大田区は外国人向けに銭湯利用方法を指南するビデオを作成。「タオルは湯船に入れない」といった注意事項を案内している(大田区提供)
大田区は外国人向けに銭湯利用方法を指南するビデオを作成。「タオルは湯船に入れない」といった注意事項を案内している(大田区提供)

   銭湯は利用者の減少にともなって、その数も減少の一途だ。東京都公衆浴場業生活衛生同業組合(浴場組合)のまとめによると、00年12月には1273あった都内の銭湯は、10年後の10年には801と3分の2以下に減少している。

   少子化が進んでいるため、日本人の利用者が増える望みは薄い。その半面、外国人観光客が銭湯に寄せる関心は、かなり高いものがあるようだ。温泉については、特にその傾向が顕著で、観光庁が行った訪日外国人消費動向調査(13年7-9月期)で、その一端がうかがえる。

   日本滞在中に行ったことを複数回答で聞いたところ、「温泉入浴」と答えた人が33.0%に達した。これは「日本食を食べること」(97.3%)「ショッピング」(78.2%)、「繁華街の街歩き」(69.2%)、「自然・景勝地観光」(59.4%)、「旅館に宿泊」(50.1%)に多い数字で、日本観光では重要な位置を占めていることが分かる。

   「次回(訪日で)したいこと」の問いでは、選択肢の中では最も多い45.6%が「温泉入浴」と回答。リピーター客も見込めそうだ。

   「期待以上だった活動」では、自然・景勝地観光(63.2%)に次いで多い57.0%が「温泉入浴」を挙げている。温泉に対する満足度の高さもうかがえる。

台湾人は「屋外の施設は水着で入ることが多く、他人の前で裸になることに抵抗がある」

   銭湯業界からすれば、この期待の高さを逃す手はないが、習慣の違いからトラブルに発展する事例もあるようだ。例えば極端なケースでは11月22日、三重県伊賀市のマッサージ店手伝いの中国人の男(34)が、かけ湯をせずに銭湯の湯船に入ろうとしたことを他の客に注意されて立腹。男性客を拳で10発殴ってけがを負わせたとして、傷害容疑で逮捕されている。

   ただ、この容疑者は10年以上日本に住んでおり日本語も話せるため、銭湯のマナーを理解出来ていなかったかどうかは疑わしい面もある。

   いずれにしても、このようなルールは日本独自だとも言え、日本側から外国人観光客に伝える取り組みも進んでいる。

   例えば大田区の観光協会では、区内の銭湯に「指さし案内マニュアル」を配り、外国人の入浴習慣について

「日常はシャワーのみで住ませることが多いです。入浴する場合は一人ずつお湯を入れ替えて入ります」(中国)
「台湾でも温泉は人気がありますが、屋外の施設は水着で入ることが多く、他人の前で裸になることに抵抗がある人がほとんどです」(台湾)

と、日本の習慣とはかなりの違いがあることを注意喚起。トラブルが起こった時のために、

「申し訳ありませんが、下着を脱いでお入りください」
「石鹸の泡をよく流してから湯船にお入りください」

といった注意事項を中国語や韓国語で読み上げられるようになっている。利用者向けにも、銭湯の利用方法をイラストで説明したポスターを張っている。

羽田「お膝元」の大田区は「入り方」ビデオ公開

   大田区では、13年7月に「外国人のための銭湯の入り方」と題したビデオを公開。

   日本語に加えて英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語の5バージョンで「脱衣所で服を全部脱ぐ(下着も)」「湯船に入る前に体を洗う」といった注意事項を説明している。

   観光庁は、大田区の蒲田を訪日外国人旅行者受入環境整備事業の戦略拠点に指定している。新たな日本の空の窓口とも言える羽田空港の利用客を、地元商店街などに呼び込む狙いだ。もっとも、これらの動画の再生回数は、最も多い英語版でも1000に届いていない。ルールの理解を得るには、まだ時間がかかりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中