株式公開、新規58社 アベノミクスで6年ぶりの高水準

印刷

   2013年の新規株式公開(IPO)は、前年に比べて10社多い58社となり、2007年以来6年ぶりの水準となる見通しとなった。

   寿しなどの宅配のライドオン・エクスプレスが2013年12月3日にも東証マザーズに上場するほか、ネット会議システムのブイ・キューブや足利銀行を傘下にもつ足利ホールディングスなどが、12月中にIPOを予定している。上場承認から準備に約1か月かかるため、年内は58社で終えそうだ。

   IPOの増加を支えたのは、「アベノミクス」を追い風に年初からの上昇率が5割を超える株式市場の好況。これまで上場に慎重だった企業がIPOに踏み出すケースが相次いでいる。

   2014年は、人材派遣などのリクルートホールディングスや無料通話・通信アプリのLINEなどの上場が取り沙汰されており、活況が期待できそうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中