美保純、川合俊一がテレビで暴露 テレビ局プロデューサーへの「キックバックまだある」

印刷

   番組制作会社などに水増し請求して一部を戻させる「キックバック」は、テレ朝プロデューサーの1億4000万円着服問題で再び明るみに出た。ところが、こうしたキックバックは、ほかにもまだあるというのだ。

   TOKYO MXテレビの情報番組「5時に夢中!」は、出演するタレントらが業界内の際どい話を暴露して、度々話題になっている。

「美保さんもギャラから戻してあげて下さい」

   2013年11月27日の放送では、東京スポーツのこの日の記事「テレビ界キックバックの仰天実態」を取り上げて、業界の裏事情を話し合った。

   東スポの記事では、テレビ局の給料が下がっており、それをカバーするためにも、キックバックが業界にはびこっていると指摘した。銀行振り込みではなく現金手渡しが鉄則だといい、こうした「裏金」の存在は今後も表沙汰になるのではないかと報じている。

   「5時に夢中!」に出演した女優の美保純さん(53)は、司会のふかわりょうさんにキックバックを聞いたことがあるかと聞かれ、自身がその体験をしたことを明かした。純さんは、プロデューサーから直接ではなく、その部下から次のように言われたというのだ。

「役者陣は、みんなそうしていますよ。だから、美保さんもぜひお祝いとして、あのギャラから戻してあげて下さい」

   若いプロデューサーが初めて手がけた番組なので、のしを付けるように渡すことを求められたそうだ。純さんは、積み上がって1億円以上になるようなケースではないとしながらも、ドラマ制作費などが削られ、ギャラの取り分も減っているとして、「こういう懐ものを止めてほしい」と訴えた。

   一方、純さんとともに出演したタレントの川合俊一さん(50)は、今度は番組制作会社について取り上げ、その中には、「大きくキックバックしている」ところもたまに見られると明かした。ただ、昔はそれでテレビ局のプロデューサーらがよく豪遊していたが、最近はそういうことは減ったともした。

各局はキックバックを否定しているようだが…

   業界の事情に詳しい芸能関係者は、テレビ局のキックバックについて、「芸能界では、常識中の常識だ」と指摘する。

「ドラマだけではなくバラエティでも、『10%返し』が当たり前になっていますよ。タレントのギャラが100万円だとすると、うち10万円をプロデューサーが取ります。所属事務所が20~30万円を取りますから、タレントの取り分は、60~70万円にも下がってしまいます。それに比べて、プロデューサーは、出演者が5人なら、50万円も返ってくることになりますね。テレ朝の着服は、あくどいので見つかっただけですよ」

   キックバックのお金は、個人の懐に入るので、車を買ったり家を買ったり、私的に流用されるのがほとんどだそうだ。また、「ギャラ返し」は、お祝いのときだけでなく、慣例になっているとした。

   番組制作費は削られているものの、テレビ局の給料はそんなに下がっておらず、弱いところにしわ寄せが来ているという。

「力関係から、制作会社などの取り分が少なくなっており、倒産寸前の芸能プロダクションもごろごろあります。だから、必然的に安い番組ができ上がり、テレビの劣化が進んでいるわけです。キックバックの慣行は、テレビ局から免許を取り上げるかでもしない限りはなくならないでしょうね」

   日テレで2003年にプロデューサーの視聴率操作とともにキックバックが明るみに出たとき、日テレの調査委は、「大まかな支払い方法」という業界の悪しき慣行があると異例の自己批判をした。しかし、各局は、キックバックが慣行になっていることは否定しており、現在もその立場に変わりはないようだ。とはいえ、タレントから次々にその実態が暴露されただけに、説明責任をどう果たすかが今後問われることになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中