ローソンがマグカップ173万個を回収 破損などの恐れ

印刷

   ローソンは2013年12月2日、期間限定フェアの景品で配ったマグカップが熱湯を注いだ際などに劣化して破損する恐れがあるとして、約173万個を代替品と交換すると発表した。

   対象となっているのは、9月3日から11月18日まで展開していた「秋のリラックマフェア」の景品「リラックマティーマグ」で、11月25日までの引換え期間中に約173万個を配った。破損の連絡は12月2日までに39件あり、現在は店舗やホームページで注意喚起するとともに、代替品との交換について案内している。

   マグカップは中国の工場で製造された。委託元の凸版印刷を通じて専門家による検査が実施されたが、構造上の欠陥は発見できず、破損の原因は分かっていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中