みのもんたと日テレ社長「ウソつきはどっちだ」? みの次男「コネ入社」問題で説明が食い違う

印刷

   日本テレビの大久保好男社長(63)が、タレントのみのもんたさん(69)の説明を真っ向から否定したため、ネットでは「みのと日テレの全面戦争突入か!?」などと話題になっている。

   みのさんは2013年11月に週刊誌や月刊誌で、次男が窃盗容疑などで逮捕され、日テレから諭旨解雇処分を受けたことについての思いを激白するなかで、次男は日テレにコネ入社だったと打ち明けた。それに対し大久保社長は「そんな非常識なことはない」とみのさんの発言を覆した。

「コネ入社はテレビ局には当たり前のようにあります」

コネ入社はない?(画像は「日テレ新卒採用2015」サイト)
コネ入社はない?(画像は「日テレ新卒採用2015」サイト)

   みのさんは次男の窃盗容疑の逮捕と番組出演自粛に関して、いくつかの週刊誌、月刊誌の長時間インタビューに応じた。その中で、

「次男の日本テレビ入社は、正直、コネでした。縁故ですよ。氏家さんは、『よし、わかった』と言ってくれました」
「入社試験を受けたのですが、恥ずかしいことに、筆記試験が難しくて住所と名前しか書けなかった、と。それで、当時、日テレの会長で、一昨年亡くなった氏家齊一郎さんに相談したところ、『将来、社屋を移転する可能性もあるので、引っ越し要員が必要だ』といって、体力だけはある次男を引っ張ってくれたのです(笑)」

などと語っていた。

   そもそも大手マスコミや大手広告代理店はコネ入社が多い業種として知られていて、その背景について元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが13年9月18日付けのメルマガで、

「コネ入社はテレビ局には当たり前のようにあります。テレビ局自体、そのコネ入社の人間を『人質』と呼び、スポンサーを取ってくるのに、有利に事を運ぶ要員として扱っています」

などと書いている。

「正規の手続きで入社しています。それがすべて」

   大久保社長は13年12月2日に東京・東新橋の同局で定例会見を行い、記者からみのさんの次男はコネ入社だったのかどうかについて質問されると、

「正規の手続きで入社しています。それがすべて」

と語り、また、次男が入社試験で名前しか書けなかったと報じられたことについても、

「そんな人は日本テレビに入らないし、そんな非常識なことはない」

などと真っ向から否定した。ネットではいったいどちらがウソをついているのか、などと議論になっていて、いつもはネット民からバッシングを浴び続けているみのさんだが、今回ばかりはなぜかみのさんの応援団が圧倒的に多い。ネットの掲示板やブログには、日テレとみのさんの主張の食い違いで全面戦争に突入するのか、などと話題になっている。ネットの掲示板やブログには、

「そんな事誰が信じるんだよw猪瀬といい馬鹿な大人ばっかし」
「手続きは正規でも採用はコネだろうが」
「あの息子を見て正規の手順で入社しましたと言われても『そーですか』とは思いませんよね・・・」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中