エド・はるみ、テレビで不妊を告白 49歳でどんな治療をするのか

印刷

   お笑い芸人のエド・はるみさんがテレビなどで不妊治療をしていることを告白した。はるみさんは、49歳という年齢ながら、医師から妊娠の可能性がわずかでもあると言われたというのだ。

   「グー!」と親指を突き立てる芸でブレークしたエド・はるみさんは、TBS系のバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」では、社交ダンスの企画に挑戦している。

「まだ妊娠の可能性がわずかでもある」

ブログでも告白
ブログでも告白

   ところが、2013年11月22日夜の放送で、「実はわたくし、事情がありまして、年内いっぱいでダンスを踊れなくなってしまいます」と企画を降板することを突然明らかにした。そして、翌週29日の放送では、直接事情を説明した。

   はるみさんは、カメラの前で「えー、実は私は、今年49歳になるんですが、子供を作るというもう1つの夢があります」と切り出した。子作りは社交ダンスを始める前から続けており、14年からはその実現に集中したいというのだ。

   番組では詳しく語られなかったが、はるみさんはこの日の番組終了後に、自らのブログで、それが不妊治療であることを明かした。

   治療は2年前から個人的に続けており、13年3月にダンス企画のオファーがあっていったん休止した。しかし、「『妊娠』は医学的にどうしても健康面で年齢的な時間のタイムリミットがある」ため、治療を再開することにしたそうだ。その際、母体への負担を考えると、激しい踊りはできないという。

   この2年間は、主治医と相談し、検査を重ねた結果、「まだ妊娠の可能性がわずかでもある」ことが分かったとして、それに最後の賭けをしてみたかったと漏らした。49歳で子供を産もうとすることについては、こう説明している。

「この年齢で、子供が欲しいというのは色々なご意見もあるかと思います。皆様のお考えも、当然分かります。でも、最近の不妊治療は目を見張る高度な医学の進歩でその可能性がゼロではなくなりました」

「その年齢なら、体外受精や顕微授精になる」

   エド・はるみさんの不妊治療について、所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシーでは、「治療はまだ始まったところですので、あらゆる選択肢を視野に入れて進めていくということです」と取材に説明する。

   具体的にどんな治療をしているのかは分からないが、49歳という年齢で妊娠する可能性があるというのは本当なのか。

   東海地方で不妊治療をしているあるクリニックでは、普通は難しいとの見方を示す。

「受診のときに参加してもらっている説明会では、45歳を過ぎた方には妊娠の可能性がほとんどないと院長が話しています。卵子のもとになる細胞がゼロに近くなっており、体外受精や顕微授精といった方法でも難しいからです」

   それでも子供を希望するなら、海外などでほかの人から卵子提供を受けるといった特殊な治療が必要だという。

   一方、「35歳からの妊娠スタイル」の著書がある「こまえクリニック」の放生勲院長は、49歳での妊娠について、「可能性は極めて低いですが、ゼロではありません」と話す。

   実際、49歳で子供が生まれたケースも聞くといい、この年齢なら、自然妊娠が難しければ、体外受精か、その一種に当たる顕微授精になるそうだ。ただ、流産などをしてしまったり、先天性異常のある子供が生まれたりするリスクも当然あるとしている。

   ネット上では、はるみさんの告白について、賛否両論になっている。「今から産むのははっきり言って無謀だと思う」「少しは生まれてくる子のことも考えてやれ!!」といった声がある一方、「外野の人間がとやかく言う事じゃない」「大変だと思うけど、がんばれ!」といった激励の声も聞かれる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中