ドコモが「歩きスマホ防止機能」提供  歩行検知して操作不能に

印刷

   NTTドコモは2013年12月5日から、「あんしんモード」アプリで「歩きスマホ防止機能」の提供を始める。スマートフォンを操作しながら歩く人が増え、事故の原因になるなど問題になっている「歩きスマホ」に対する取り組み。

   アプリが歩行中であることを検知して「危険です、歩きスマホ。」と書かれた警告画面を表示し、その間はスマートフォンを操作できなくなる。月額使用料は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中