ANA機遅延トラブルが中国でも波紋 「絶対中国人だ」「いや違う」と盛り上がる

印刷

   エコノミークラスの外国人乗客が1クラス上のプレミアムエコノミーに居座って全日空(ANA)機の出発が1時間半以上遅れた問題は、中国でも広く報じられている。

   現時点でも問題の乗客の国籍は明らかになっていないのだが、記事のコメント欄では、この乗客が中国人かどうかについて関心を呼んでいる。

環球時報が事実関係を淡々と伝える

成田空港はアジアと北米を結ぶ「ハブ」と位置づけられている(写真は成田空港を出発するANA機)
成田空港はアジアと北米を結ぶ「ハブ」と位置づけられている(写真は成田空港を出発するANA機)

   中国では、環球時報や人民日報が2013年12月2日、日本メディアを引用する形で伝えている。ただし、いずれの記事も乗客が居座った席をプレミアムエコノミーではなく「ビジネスクラス」と誤って伝えている。記事自体は論評抜きで事実関係をまとめただけの簡単なもので、「外国の乗客が客室乗務員の指示を聞かなかった」と、中国人を名指ししている訳ではない。記事は大手ポータルサイトに配信されており、コメント欄の書き込みを見る限りでは、乗客が行った行為よりも「国籍」が関心事になっている。例えば「新浪網」では、

「絶対中国人だ」
「きっと中国人ではない。記事の中に『外国人』でななくて『中国人』と書いてあるはずだ」
「中国人なのか?国内線でやればいいのに」

といった具合で、国際線で迷惑行為を行ったことを非難する声もある。

NY便はアジア各地から便利に乗り継げる

   ただ、現時点でも「外国人」の国籍は不明だ。ANAは乗客が特定されうる情報は開示していない上、国土交通省も、トラブルについては報道で知った程度で、詳細については把握していないという。これは、一度離陸してから出発地に引き返す「イレギュラー運航」といった重要なケース以外は、機内の迷惑行為について航空会社から国交省に報告する法的義務はないからだ。

   ANAに限らず航空各社は、成田空港をアジアと北米を結ぶ「ハブ」と位置づけており、スムーズに乗り継げることをアピールしている。例えば、今回トラブルが起こったNH1010便は成田空港を夕方に出発するが、マニラ、香港、北京、上海、成都、広州を午前中に出発する便に乗れば、2~4時間程度で乗り継ぐことができる。

   米国と中国の間は両国政府の許認可の関係で直行便が開設しにくく、運賃も高止まりしがちだ。そのため、中国人が米国に向かう際は割安な日本や韓国を経由する便を利用することが多い。このことも、今回のトラブルが中国で関心を集めている一因だと言えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中