毎月の給与水準と実質賃金に一喜一憂 「上がった」「下がった」どっちなの?

印刷

   円安株高のアベノミクスの効果もあって、企業の業績が向上。それにより、サラリーマンなどの給与上昇への期待が膨らんでいる。

   実際に、厚生労働省の毎月勤労統計調査では「収入が増えた」との報告もある。その一方で、実質賃金は「下落が続いている」と報じていて、上がっているのか、下がっているのか、はっきりしない。

10月の給与、基本給は17か月下落している

物価上昇と消費増税で、給与アップでも生活は厳しいかも…(写真はイメージ)
物価上昇と消費増税で、給与アップでも生活は厳しいかも…(写真はイメージ)

   厚生労働省が2013年12月3日に発表した10月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所が対象)によると、従業員1人あたり平均の現金給与総額は前年同月に比べて0.1%増の26万7167円で、4か月ぶりに増えた。

   しかし、喜んではいられない。収入が増えたのは、景気回復に伴う生産活動の活発化で残業が増えたからだ。

   給与総額の内訳をみると、残業代にあたる所定外給与は5.4%増の1万9511円。7か月連続の増加で、2012年5月以来の高い伸びだった。

   半面、基本給にあたる所定内給与は0.4%減の24万2153円で、17か月連続で減少した。賃金水準の低く、労働時間の短いパートタイム労働者の割合が増えていることが影響。厚労省は「人手を集めるためパートの時給は上がっているが、一方で労働時間も減っているため、手取りが減った」としている。

   毎月の給与の増減は残業代に支えられているといってよく、賃金を底上げする動きは鈍いままだ。

   わずかではあるが、増えている毎月の現金給与だが、いまも「生活が厳しい」と感じている人は少なくないようだ。それを示すのが「実質賃金」。

   実質賃金は、名目賃金指数を消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)で除して算出している。厚労省によると、実質賃金は7月が前年同月に比べて1.0%の低下。8月が2.0%減、9月は1.5%減、10月も1.3%減と、4か月連続で低下している。

   残業代で収入が増えても、どこか実感がないように感じるのは、増加分を上回って物価が上昇しているため、ということのようだ。

消費増税分が増えても喜べないかも?

   総務省によると、2013年10月の全国の消費者物価指数は、価格変動が大きい食料とエネルギーをのぞく指数(2010年=100)が98.8となり、前年同月を0.3%上回った。プラスになったのは2008年10月以来、じつに5年ぶりのこと。甘利明・経済財政相は11月29日の記者会見で「デフレ脱却に向けた姿がさらに明確になってきた」と喜んだ。

   円安で輸入品の物価が上がったことが大きな要因だが、幅広い品目で価格が上昇しはじめたことを示すもので、物価が下がり続ける「デフレ」は収まりつつあるようだ。

   政府にとってデフレ脱却は好ましいことだが、物価が上昇すれば実質賃金は圧迫され、それはそのまま家計の購買力の低下につながることになる。

   給与が上がるには時間がかかる。しかし、給与が上がらなければ、消費意欲が減退して、再びモノの値段が下がるデフレ・サイクルに逆戻りする。

   まして、2014年4月からの消費増税が迫ってきた。毎月の給与が上がればうれしいに決まっているが、上げ幅しだいでは、手放しでは喜べないかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中