「ライ麦畑でつかまえて」のサリンジャー氏未出版作品 ネットで流出、ファンには朗報だが…

印刷

   「ライ麦畑でつかまえて(Catcher In The Rye)」で世界的に有名な米作家、J・D・サリンジャー氏の未出版の短編小説3作品がインターネット上に流出していることが明らかになった。

   「ライ麦畑でつかまえて」の前編とされる短編も含まれ、専門家も「本物」の可能性が高いとしている。

ネタ元はオークションに出品されたコピー本か

天国のサリンジャー氏もガッカリ?(画像は野崎孝氏訳の「ライ麦畑でつかまえて」)
天国のサリンジャー氏もガッカリ?(画像は野崎孝氏訳の「ライ麦畑でつかまえて」)

   2013年11月27日、「スリー・ストーリーズ」とタイトルが付いた41ページの作品がファイル共有サイトに流出した。「ライ麦畑でつかまえて」の前編とされる「ボウリングボールだらけの海(The Ocean Full of Bowling Balls)」をはじめ、「誕生日の少年(Birthday Boy)」「ポーラ(Paula)」の計3作品で構成されている。

   「ボウリングボールだらけの海」の原稿はテキサス大学、ほか2作品はプリンストン大学の学術図書館でそれぞれ厳重に保管されているが、1999年にはこれらをコピーした作品集が、サリンジャー氏の許可なしにロンドンで出版されている。作品集は全25冊印刷され、今年9月には米オークションサイト「eBay(イーベイ)」に「6冊目」とされるものが出品された。今回流出したのは、オークションにかけられた作品集のコピーとみられている。ロサンゼルス・タイムズ紙の書評家デビッド・L・ウリン氏などの専門家はいずれも本物との見方を示しているという。

2060年まで出版認められていなかったはずが・・・

   1965年に「ハプワース16、1924年」を発表して以降は沈黙し、2010年に亡くなるまで作品を発表することはなかった。作品数こそ少ないが現在でも世界中で広く読まれ、多感な少年ホールデン・コールフィールドの饒舌な語り口が独特な代表作「ライ麦畑でつかまえて」(1951)は日本でも人気だ。野崎孝氏や村上春樹氏の翻訳で違いを楽しむファンも少なくない。

   ファンにとっては朗報とも思えるが、本物に間違いないとすれば、天国のサリンジャー氏本人はあまり歓迎していないはずだ。特に今回流出したとされる「ボウリングボールだらけの海」については死後50年、つまり2060年まで出版が認められていなかった、というのだ。

   ただし2013年8月には、ニューヨーク・タイムズ紙がサリンジャー氏の未発表作品のうち少なくとも5作品が新たに出版される見込みがある、と伝えていた。今回の3作品が含まれているかどうかはわかっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中