マイクロソフトがダイエットに効く「スマートブラ」を発表 世界中で関心を集めても発売されない理由は?

印刷

   身に着けるコンピューター端末を「ウェアラブル端末」と呼びスマートフォンに代わって普及すると予想されている。現在はメガネ型、腕時計型など世界中のIT企業が製品開発に凌ぎを削っているが、米マイクロソフトは下着のウェアラブル端末「スマートブラ」を開発中だ、と米CNNや英BBCが報じネットで大きな話題になっている。

   このブラジャーには感情を察知するセンサーを組み込んでいて、食べ過ぎを警告してくれる仕組みになっている。まさしくダイエットに励む女性の力強い味方になりそうなのだが、発売する予定がないというのはなぜなのだろうか。

ブラを着用した人の感情の動きをセンサーがチェック

発表された論文に掲載された「スマートブラ」の図
発表された論文に掲載された「スマートブラ」の図

   このブラジャー開発について、マイクロソフトと米ロチェスター大学、英サザンプトン大学の研究チームの代表者が連名でネットに論文を発表した。それによると、人間が食事をする時の習慣、生理、感情などを分析しそれをコンピュータシステムに組み込み、連動するセンサーを女性用ブラジャーに取り付けた。センサーはブラを着用した人の感情の動きをチェックし、食べ過ぎる状態になるとセンサーからスマートフォンに信号が送られ警告メッセージを表示させる。こうしたことで食べ物に手を出すことを食い止めるようにするのだという。

   ブラにセンサーを付けたのは、心臓に近い場所のため心電図などのデータが取りやすいことと、下着だから長時間着用するため、感情の変化を効率的に測れるからだという。人はストレスを感じたりするとドーナッツなどのカロリーの高い食品に手を出す人が多く、そうした感情の変化に合わせ警告を出していく。この実験に参加したのは4人の女性で1日に6時間装着した結果、

「自分が食べ物に手を出そうとしたところで警告が出るため、食べ物をたくさん食べたくなる際の原因を突き止めることができた」

などの報告が得られたという。これは肥満に悩んでいたり、ダイエットに励んでいる女性にとって朗報であり、ぜひ手に入れたいウェアラブル端末と思われるが、販売する予定はないのだそうだ。それはなぜなのだろうか。

研究成果の発表を盛り上げるためブラを出しただけ?

   米CNNの2013年12月5日付けのウエブ版にその理由がこう書かれている。マイクロソフトの広報に話を聞いてみたところ、今回のブラは、人間の気分を感知し反応する「感情コンピューティング」の研究の1つにすぎない、ということだったという。つまり、「スマートブラ」を作ろうという計画などは最初からなく、現在は「感情コンピューティング」の研究途中であり、その成果を報告したに過ぎない。世界中で話題になってしまった背景は、ブラという好奇心をそそられるアイテムだったからで、「スマートブラ」そのものというより、研究チームにとっては研究発表のプロモーション素材にブラを使用したことが大成功だった、ということなのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中