歌手May J.が無傷の21連勝中 「カラオケ採点」で勝ち負けが大人気

印刷

   「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日系)や「カラオケ★バトル」(テレビ東京系)など、カラオケの採点で得点を競い、「勝負」を決めるバラエティー番組が大人気だ。

   ビブラートの長さやこぶしの回数など細かいテクニックまで評価され、プロ歌手が苦戦したり、意外なタレントが高得点を叩き出したりする「ドラマ」がウケている。

本職の歌手にタレントや素人の子供が勝ってしまうことも

「カラオケ★バトル」公式サイト
「カラオケ★バトル」公式サイト

   現在の「カラオケ採点番組」人気に大きく貢献しているのが、「仕分け∞」だ。プロ歌手と「歌うまタレント」や「歌うまキッズ」が得点を競う企画で、本職の歌手にタレントや素人の子供が勝ってしまうこともある。

   タレントに負ける歌手も多い中、プロ歌手枠で出場しているMay J.さんは2013年11月2日放送回までに驚異の21連勝を成し遂げ、一気に知名度を獲得した。

   「元祖カラオケ採点番組」をうたうのは「カラオケ★バトル」だ。06年9月から不定期で放送されている。歌うまタレントが芸能界No.1をかけて得点を競ったり、歌自慢の素人が日本一を目指して歌唱したりする。

   13年11月22日には、「カラオケ得点対決!下剋上カラオケサバイバル」(テレビ朝日系)という特別番組も放送され、歌手と歌うまタレントが得点を競った。TBS系の人気番組「ぴったんこカン・カン」と「中居正広の金曜日のスマたちへ」という強い裏番組がありながら、視聴率11.9%とまずまずの数字だった。

人が聞いた印象に近い「精密採点DX」

   これらの番組で使用されている採点機能が、通信カラオケ「LIVE DAM」の「精密採点DX」だ。

   運用する第一興商によると、音程の正確さを厳しめに評価し、「ビブラート」、「ロングトーン」、「リズム」、「安定性」、抑揚やこぶしなどの「表現力」で加点する採点方式だという。

   他にも細かく採点基準を設けていて、「人が聞いた印象により近い採点」というところまで精度を高めているそうだ。

   得点レベルは、95点以上が「プロ級」、90~95点未満が「上級」、85~90点未満が「やや上級」、75~85点未満が「中級」、75点未満が「練習しましょう」という。番組企画に挑戦する人は、勝者も敗者も「プロ級」「上級」という高いレベルでしのぎを削っていることは間違いない。

   番組の人気にともない、採点機能についてカラオケの店舗への問い合わせが増えているそうで、全国的な「採点ブーム」到来もすぐそこかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中