燃費競争で激しく戦うトヨタとホンダ なぜHVよりもPHVに力を入れないのか

印刷

   日本車メーカーの燃費競争が勢いを増している。スズキがリッター35.0キロ(JC08モード、国土交通省審査値)と、ガソリンエンジン車トップの「アルトエコ」を2013年12月18日に発売すると発表した。

   ダイハツ工業が33.4キロの「ミライース」で8月にアルトエコ(従来モデルは33.0キロ)を抜き去ったばかりだが、スズキはわずか4カ月で一気にミライースを引き離し、35キロの大台に乗った。

熾烈な燃費競争は2014年も続く

まだまだ続く低燃費競争(画像はスズキ「アルトエコ」サイト)
まだまだ続く低燃費競争(画像はスズキ「アルトエコ」サイト)

   一方、ハイブリッドカー(HV)は、ホンダが9月に発売した「フィットHV」が36.4キロを達成し、それまで首位だったトヨタ自動車の「アクア」を抜き去ったが、今回、そのアクアが37.0キロ(従来モデルは35.4キロ)で再び首位を奪還し、12月2日に発売された。日本車メーカーの熾烈な燃費競争は2014年も続くのは間違いない。

   アクア、アルトエコとも、プラグインハイブッドカー(PHV)を除けば、いずれも「世界一」の低燃費だ。HVと軽の燃費競争は、ガソリンエンジンの軽が摩擦抵抗の低減など巧みな技術改良で、高価なHVに肉薄しているところが面白い。購入価格やその後の維持費を考えたら、軽の方がエコカーとしては優れているとも言える。

国内でPHVを市販しているのは、トヨタと三菱

   しかし、「世界一」の燃費競争に参画できるのは、HVではトヨタとホンダ、軽ではスズキとダイハツという構図は従来と変わっておらず、他メーカーの動きの鈍さは否めない。三菱自動車とトヨタはPHVを商品化しているが、注目度は今ひとつだ。

   なぜなのか。トヨタ関係者は「なぜHVよりもPHVに力を入れないのかとよく聞かれるが、PHVはまだ市場では手探りとも言え、様子を見ながら徐々に販売している」と明かす。これは三菱のアウトランダーPHEVがリチウムイオン電池の不具合で発火トラブルが起きたことなどを念頭に置いているとみられる。「新たな技術を導入した自動車の場合、予想を超える不具合が起きることもあり、市販すれば売れるとわかっていても、メーカーとしては慎重に対応せざるをえない」(自動車メーカー関係者)のだという。

ドイツのポルシェが4ドアスポーツセダンにPHVモデルを投入

   事実、国内でPHVを一般ユーザーに市販しているのは、トヨタプリウスPHVと三菱のアウトランダーPHEVだけだ。プリウスPHVはリッター当たり61.0キロ、アウトランダーPHEVは60.2キロと、燃費は従来のHVモデルの倍近くに向上する。

   もっとも、これは電気自動車(EV)と同様、充電をしながらEVとしての走行をメインに、必要に応じてエンジンも動かすという、理想的な使い方をした場合の燃費だ。トヨタはこれを「複合燃費」と呼んでいる。実際に街中だけでなく、高速道路や山坂道などを走った場合の燃費は従来のHVに近づくに違いない。

   世界的にはドイツのポルシェが4ドアスポーツセダン「パナメーラ」にPHVモデルを投入するなどしているが、本格的な普及は欧米でもこれからだ。

   いずれにせよ、低燃費競争は2年ほど前までは30キロ超が目標だったが、今後は35キロ超がベンチマークになるのは間違いない。日本車メーカーの低燃費競争はとどまるところを知らないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中