北朝鮮が明かした張成沢の爛れた生活 カネと女と博打と麻薬に溺れる

印刷

   韓国の情報機関が失脚したとの見方を伝えていた北朝鮮の事実上のナンバー2、張成沢・(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長の失脚が確定的になった。金正恩第1書記が2013年12月8日、朝鮮労働党中央委員会政治局の拡大会議を開き、張成沢氏を「すべての職務から解任して一切の称号を剥奪し、党から除名する」ことを決めたことを国営メディアが報じたからだ。

   会議では、主に張氏が「反党・反革命的分派行為」を行ったことに対する批判を展開したほか、女性問題や麻薬の使用歴まで暴露。復権は絶望的な状況だ。

公式メディアに「粛清」の表現

張成沢氏の失脚は労働新聞の1面で伝えられた
張成沢氏の失脚は労働新聞の1面で伝えられた

   拡大会議の様子が2013年12月9日朝、国営朝鮮中央通信と朝鮮労働党の機関紙にあたる労働新聞が伝えた。特に労働新聞は1面トップの扱いだ。会議では、張氏とその側近を「粛清」したことが明らかになっている。北朝鮮当局が自らこの表現を使うのは極めて異例だ。

「党は、張成沢一党の反党・反革命的分派行為について以前から知って注視してきながら、数回にわたって警告もし、打撃も与えたが応じず、度合いを超えたため、これ以上袖手傍観することができなくて張成沢を取り除き、その一党を粛清することによって、党内に新しく芽生える危険極まりない分派的行動に決定的な打撃を加えた」

   両メディアでは、「張成沢」「張成沢一党」「張成沢とその追随者」と表現のばらつきはあるものの、張氏の「容疑」を12項目にわたって列挙している。

「張成沢は、党と領袖の高い政治的信任によって党と国家の責任ある位置に登用されたが、人間の初歩的な道徳・信義と良心さえ投げ捨て、金日成主席と金正日総書記を千年、万年高く仰ぎ、いただく事業に顔を背け、各面から妨げる背信行為を働いた」

という総論に始まり、

「国家財政管理システムを混乱に陥れ、国の貴重な資源を安値で売り払う売国行為を働いてチュチェ鉄とチュチェ肥料、チュチェビナロン工業を発展させるべきだという金日成主席と金正日総書記の遺訓を貫徹できなくした」

といった具体的な損害も指摘している。

「多くの女性と不当な関係を持ち、高級食堂の裏部屋で飲食三昧」

   中でも目を引くのが、「張成沢は、資本主義生活様式に染まって不正腐敗行為を強行し、腐敗堕落した生活をした」といった「腐敗」を批判している点だ。具体的には、

「権力を乱用して不正腐敗行為をこととし、多くの女性と不当な関係を持ち、高級食堂の裏部屋で飲食三昧におぼれた。思想的に病み、極度に安逸に流れたため麻薬を使い、党の配慮によって他国に病気の治療で行っている期間には外貨を蕩尽し、賭博場まで出入りした」

といった内容だ。

   北当局の発表がどこまで真実かはわからないが、張氏の贅沢な生活ぶりはうかがえる。

   また、張氏はかつて麻薬密輸の陣頭指揮をとっていたとの情報があり、今回の党の決定で、この情報が裏付けられたとの見方もできる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中