「ブチ切れ、激怒してません!」 コスプレイヤーに注意の「虹の郷」が困惑

印刷

   アニメやゲームなどのキャラクターの衣装に身を包んで楽しむ「コスプレイヤー」に人気の、「修善寺虹の郷」(静岡・伊豆市)という撮影スポットがある。和洋の建物や季節の花があるテーマパークで、質の高いロケーションを求めるコスプレイヤーが多く訪れている。

   そんな虹の郷が昨今のコスプレイヤーのマナー悪化に注意を促し、人気スポットとあって直ちに情報が拡散された。しかし拡散される間に話が大きくなってしまったようだ。

撮影禁止場所に立ち入り、園内の物品を勝手に移動…

「虹の郷」公式サイト
「虹の郷」公式サイト

   虹の郷がコスプレイヤーへの注意喚起をしたのは、2013年12月1日のことだ。公式ブログ「最新花情報」に、「コスプレイヤーさんのマナー悪化について」というタイトルの記事が掲載された。

「最近、園内での撮影につきましてマナーを守っていないコスプレイヤーさんが見受けられます。一般のお客様からクレームやお叱りを受けるケースが増えております。今後、悪質なマナー違反が続く場合、当園としましても園内でのコスプレ撮影について禁止を含めた検討をすることになります」

   実際のマナー違反の例は、「夜間ライトアップの為に設置してある照明器具を勝手に使用した」「閉園時間を守らない。閉園後に撮影を続行していた。更衣室の利用時間を守らない」「立入禁止、撮影禁止場所へ立ち入り、スタッフやお客様に注意を受ける」「園内の物品(ベンチ・テーブル・演出アイテム等)を撮影のために勝手に移動する」のほか、一般客からも「もみじ林で木に登って撮影をしているコスプレイヤーがいたので注意したら、睨み返された」「長時間にわたり通路や共有スペースを占拠して撮影を行い通行の妨げになった」などという通報があったという。

「これからもコスプレイヤーさんのご来園を心よりお待ちしております」

   この注意書きを受けて、コスプレイヤーはネット上で「自分の行動も気を付けなくては…自分で自分の首しめちゃいけないよ」「快く場所を提供してくれてるんだから恩を仇で返しちゃいけない」など「これからマナーを守っていこう」という声を上げたが、一部では「コスプレ禁止になるの?ふーん」「虹の郷だめになるのかいいとこなのに」と早とちりな書き込みもされた。

   徐々に話が広まっていき、2ちゃんねるに「【悲報】 コスプレイヤーのマナーが悪すぎて修善寺虹の郷ブチ切れ 『続くようなら撮影禁止にする』」というタイトルのスレッドが立てられ一気に話題に。「禁止にしろよ そこに存在するだけで迷惑だろ」「鬱憤晴らすなら余所でやれよ。目障りだ」「こういう奴らがいるからオタク全体が批判されるんだよ」などと書き込まれ、コスプレイヤーへの批判が過熱した。

   騒ぎを受け、虹の郷は13年12月6日に改めて「一部当園の意図とは違う内容が広まっている」として、改めて注意喚起の記事を掲載した。

「基本的な大前提として、コスプレイヤーさんも一般のお客様も当園にとって大切なお客様です。ただ、一部マナーを守れないお客様がいらっしゃるので、今回の注意喚起をさせていただきました。一部ネット上に記載されている虹の郷が『激怒している』とか『ブチ切れ』、または、『一方的にコスプレを排除しようとしている』といった内容は、事実ではございません。今回、注意喚起をさせていただいたのは、再度コスプレ撮影のルールを確認して、マナー向上をコスプレイヤーさん自身に今一度考えていただきたいという想いからです。これからも、修善寺虹の郷は、一般のお客様はもとよりコスプレイヤーさんのご来園を心よりお待ちしております」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中