就活面接受けたら2525円差し上げます 条件が「写真と氏名サイト掲載」にガックリ

印刷

   2015年春卒業予定の学生の就職活動が12月1日に解禁された。企業によっては、ユニークな採用活動を実施するところがある。ドワンゴのように入社試験を有料化するのも、そのひとつだ。

   これとは逆に、都内のあるベンチャー企業は就活面接を受けた学生に「謝礼」を渡すと発表した。どんな目的なのだろうか。

「ひやかし」の学生も「その後のつながりがメリットに」

就活サイトでは江崎修平社長自らアピールする
就活サイトでは江崎修平社長自らアピールする

   ウェブサイト制作会社「Bark to Imagine」(東京・台東)は社員、アルバイト合わせて10人ほどのベンチャー企業だ。平均年齢25歳、2012年12月創業の若い会社だが、初めて迎えた採用活動で、いきなり独自色を打ち出した。採用試験を受験する就活生に「2525円を差し上げます」というのだ。

   同社に電話取材して、その意図をたずねた。採用活動では優秀な人材の確保を期待してはいるが、一方で「就活生に会社を評価してもらう場ととらえています」と説明する。

   誕生1年のベンチャー企業は大手と比べて知名度が低く、就活生がこぞって入社を希望する状況ではない、多くの学生に会う機会を増やそうとの発想から始めた制度だそうだ。面接を通して学生たちから会社に関する印象を聞いたりしながら、会社としての評価を確認するのだという。

   エントリーに際しては「ひやかし大歓迎」とまで書いている。「本気の志望者」だけを絞り込もうと「受験料徴収」を決めたドワンゴとは対照的だ。入社する気もない学生が大挙して押しかけたら、面接を担当する社長の手を煩わすばかりで人材の見極めにも時間がかかり、効率が悪いのではないか。

   だがそこには、忙しい就活生がわざわざ2525円を目当てに全く興味のない業界の会社に足を運ぼうとは思わないだろう、との読みがありそうだ。Bark to Imagineが手掛けるサイト制作や開発といった事業は、必要とされる専門分野が明確で、業界としてもそれほど広くない。多少なりとも業界に注目している学生が来るだろうし、一度顔を合わせたらたとえ入社しなかったとしてもつながりができる。「その後、仕事でお互いにメリットをもたらすかもしれません」。

   とはいえ、初の試みだけに予想以上の就活生が来て対応不能になるリスクを回避する策も講じられた。2525円支給を先着25人に限定し、また受験者の顔写真と氏名をウェブサイトに掲載することを条件としたのだ。

オールアバウトは「ドワンゴ入社希望者」に興味

   ただ、顔写真と氏名の公開は議論がある。ネット掲示板を見ると「2525円ぽっちでネットに顔晒されるとか、ないわ」「採用決定した新入社員の顔をさらす企業はいくらでもあるけど、採用決定してない人の顔を晒すって、ひどいなあ」といった批判的な意見がちらほら見られる。個人情報を明らかにされるのには抵抗あり、というわけだ。

   この点をBark to Imagine側にたずねると、「何か『ハードル』を設けないと無差別に面接に来られたらどうしよう、という心配があったのは確か。氏名や顔写真をネット上に掲載されても入社試験を受けたい、という人に来てもらいたいとの思いはあります」とこたえた。2525円支給を発表したのが2013年12月6日。それから土日を含めて3日目で、すでに十数人がエントリーしていると明らかにした。本当に興味を持っている就活生にとっては、ネットで公開という条件も気にならないのだろう。

   かたや就活生から受験料を徴収する会社があれば、「自分たちを知ってほしい」と逆に金銭を支給する会社も出てきた。また情報サイト運営の「オールアバウト」は、ドワンゴを受けて2525円を払った学生がオールアバウトの入社試験を受ける場合、「1次面接に進んだら奨励金を出す」という。お金を払ってでもドワンゴの入社を望むアツイ学生に自分たちも会いたい、という企画だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中