柔道五輪金メダリスト内柴被告、2審も懲役5年

印刷

   教え子の女子柔道部員に性的暴行を加えたとして、準強姦罪に問われていたアテネ、北京両五輪の柔道金メダリスト、内柴正人被告(35)の控訴審判決が2013年12月11日、東京高裁(金谷暁裁判長)であった。判決では懲役5年の1審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。内柴被告側は一貫して「合意の上だった」などと無罪を主張していた。

   1審判決によると、九州看護福祉大(熊本県玉名市)で女子柔道部コーチを務めていた内柴被告は11年9月20日未明、合宿先の東京都八王子市のホテルで酒に酔って寝ていた女子部員に性的暴行を加えたとされる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中