就活「受験料制度」への便乗企画が大波紋 ドワンゴの批判受けオールアバウト謝罪

印刷

   新卒入社試験に「受験料制度」を導入するドワンゴに便乗する形で、逆に奨励金を支払うとしていたオールアバウトが企画中止を発表するとともに、「混乱を招いた」として謝罪した。

   ドワンゴが「我々の取り組みを茶化し、無効化しようとする」とオールアバウトを批判した翌日に、企画中止になるというスピード展開だ。

ドワンゴの受験料とほぼ同額を支給

ドワンゴ「受験料制度」説明ページ
ドワンゴ「受験料制度」説明ページ

   発端は2013年12月1日にドワンゴが発表した、2015年新卒入社試験での受験料制度の導入だ。「本気の方だけ受験してほしい」という狙いで2525円の受験料を課し、集めた金額は全額寄付するというものだった。就職活動の構造に対して「なにか一石を投じられないか」という狙いが背景にあった。

   就活サイトでは、興味のある企業への複数エントリーが推奨され、100社に応募して1社も受からない学生がいる一方で、1人で複数企業の内定をもらう学生もいる。企業側は大量の応募に対応しなければならず、内定を出しても入社してもらえないことにも悩まされている。受験料制度の発表当初は賛否両論があったものの、就職活動に対する問題提起として議論が活発化していた。

   ところが、生活総合情報サイト運営するオールアバウトが9日、ドワンゴを受験した学生が自社に応募した場合、ドワンゴの受験料とほぼ同額の2500円を奨励金として支給すると発表し、金銭の問題に注目が集まり始めた。

   さらに、ベンチャー企業のネコメシ(東京・港区)が便乗して、ドワンゴとオールアバウトを受験した就活生が同社を受験した場合、2525円から2500円を引いた25円を支払うと発表した。「こんなちっぽけなベンチャー企業を受験してくれてありがとう」制度として、ドワンゴの受験料と同額の2525円を支払う企業までも現れた。

   当初は就活制度に一石を投じる取り組みだったはずが、一気に「カネ」で就活生の注目を集める展開に様変わりしてしまった。

「記念受験や受験料回収といった本気のないエントリーを促す」

オールアバウトが企画中止発表
オールアバウトが企画中止発表

   こうした事態にドワンゴは12月12日、「批判を覚悟で一石を投じようとした我々の取り組みを茶化し、無効化しようとするものです」とオールアバウトを痛烈に批判するウェブページを公開した。

   オールアバウトの企画について、「お金を取るのか渡すのかが問題であるように弊社の主張を誤解させるような企画」であり、記念受験や受験料回収といった本気のないエントリーを促すもの、と苦言を呈した。

   ネットでは、

「結局タダで受験出来るってことで受験生的にはドワンゴも受けまくるんじゃないか?だとしたら応援どころか本来の意図と真逆になって何の意味も無い気がするけど。浅はか過ぎるのでは」

などの批判が出て、堀江貴文さんもツイッターで「オールアバウトが糞。てか、何社も受けるとか終わってるんだ。そもそも」と一刀両断した。

   ドワンゴからの批判を受けた翌日、オールアバウトは企画中止を発表した。ドワンゴの制度を茶化す意図で実施したものではなく、「誤解を与えてしまったことは本意ではございません」と釈明している。

「受験料を支払って本気でドワンゴ様を応募され、その上でこのような奨励金制度を利用される学生の方々は、従来弊社に応募する方とは異なる層であろうと考えました。そしてそのような学生の方々を支援し、是非ともお会いしてみたいと考えました」

と企画意図を改めて説明し、「今回の弊社の企画によって混乱を招いたことに関しまして、学生の皆様、関係者の皆様には深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中