張成沢は巨大機関銃と火炎放射器で消し炭に? 金正恩が実行した残忍、冷酷無比の処刑

印刷

   北朝鮮の「摂政」張成沢氏の末路は、人間かどうかも判別できない無残な「肉片」だったという。こうした冷酷無比の処刑ぶりが少しずつ伝えられ始めた。

「最高司令官の命令に不服する者はそれが誰であれ、革命の銃は絶対に許さず、そのような者は死んでもこの地に埋まる所がない」

金正恩、正哲兄弟の激しい拷問で「自白」

朝鮮中央通信が伝えた「処刑直前」の張成沢氏の姿。目元などにあざらしき変色が確認できる
朝鮮中央通信が伝えた「処刑直前」の張成沢氏の姿。目元などにあざらしき変色が確認できる

   2013年12月12日、張成沢氏に下された判決文の一部だ。「死んでも祖国に埋まる所がない」――いかにも北朝鮮らしい大げさな言い回しに見えるが、張氏に対してはこれが「文字通り」適用されたらしい。

   法廷に引き出された張氏の写真をよく見れば、目元は青黒く染まり、頬や手の甲も変色していることが確認できる。「取り調べ」の過程で、激しい暴力を受けたのだろう。もちろん、金正恩第1書記の命令以外にはありえない。さらに、「処刑人」役を買って出たのが金第1書記の実兄・金正哲氏だったという情報もある。30歳以上も年下の「甥」たちからの拷問の末、張氏は、「長年にわたり国家転覆を目論んでいた」という己の罪状を、すべて認めさせられた。

「判決は即時、執行された」

   朝鮮中央通信の記事はそこで終わり、処刑の方法については言及していない。しかし、消息筋の情報や過去の実例などを元に、いくつかの可能性が指摘されている。

   最も有力なのが、「機関銃」説だ。韓国メディアが主に伝えているもので、与党セヌリ党の徐相箕・国会情報委員長なども、この説を支持する。

   北朝鮮ではここ最近、「重罪人」の処刑にしばしば機関銃が用いられている。11月末に処刑された張成沢氏の側近2人も機関銃で公開処刑されたことが確認されているほか、「ポルノ映像スキャンダル」で粛清された銀河水管弦楽団のメンバー9人も、機関銃乱射により惨殺されたと韓国大手紙・朝鮮日報が13日付で報じた。中には妊婦もいたという。

処刑側でその場に倒れこむ人が続出する

   張氏も、同様の末路をたどったとの見方が強い。しかもただの機関銃ではなく、旧ソ連時代に開発された4連装対空機関銃「ZPU-4」が使われたのでは、と一部韓国メディアは報じる。口径14.5mm、本来はヘリコプターなどを撃ち落とすための兵器だ。

   朝鮮日報が紹介する目撃者の証言などを元に、その状況を再現するならばこうなる。

   12日、死刑判決を受けた張成沢氏は即刻処刑場に引き出された。派遣された立会人たちが見守る中、総重量2トン近い機関銃が張氏に向け、90発の弾丸を叩き込む。瞬時に張氏の身体は原型も留めず、まさに粉々に。凄惨な光景を前に、処刑側からもその場に倒れこむ人が続出する。

   それでも処刑は終わらない。仕上げに四散した張氏の亡骸を、兵士たちが火炎放射器で消し炭にして回るのだ。こうして、「死んでも祖国に埋まる所がない」という判決文は現実のものとなった。

120匹の猟犬、見下ろす金正恩とその妻

   一方、「機関銃」説には韓国政府関係者の一部から否定的な意見もある。そこで話題になっているのが、中国メディアの一部が報じている「犬刑」説だ。微博(ウェイボー)を通じて広まったもので、その内容はさらに残酷さを増す。

   これによれば、逮捕された張氏は、5人の側近とともに服をはぎ取られ、鉄製の巨大な檻の中に放り込まれた。そこに襲い掛かったのは、3日間何も食べていない120匹の獰猛な猟犬たちだ。6人は逃げまどいながらも、1時間ほどの間に肉も残さず「食い尽くされて」しまった。その様子を、金第1書記、そしてファーストレディーの李雪主夫人ら高官たちがじっと眺めていたという。

   いささか荒唐無稽ではあるが、犬を始め猛獣を使った死刑は、古くから世界各地で行われている。古代ローマで、罪人がライオンなどの「エサ」として公開処刑された話は有名だ。

   なお、李夫人については韓国メディアの一部で、張氏の「元愛人」だったという話が浮上している。どちらも噂の域は出ないものの、仮に本当なら、李夫人はかつての男が食い殺される様を見せつけられたことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中