J-CASTニュースセレクション13『嗚呼!おバカ大学生』

印刷

   Twitter(ツイッター)上で自らバカな行為を晒すことを意味する「バカッター」という造語がある。2013年のネット流行語大賞にランクインし、J-CASTニュースでもたびたび取り上げてきた。こうした「バカッター」記事の中から、とりわけ大学生のおバカぶりを電子書籍にまとめたのが「嗚呼!おバカ大学生」だ。

  • 『嗚呼!おバカ大学生』
    『嗚呼!おバカ大学生』

「飲酒運転なう」の東大生、「ぼっち席」の京大生――ネットが暴く最新キャンパスライフ

   カンニング、飲酒運転、公共施設での迷惑行為――大学生による常識外れの行動がしばしば報じられる。大半は自らネットに自慢げに書き込んだことからバレたものだ。

   いまや同世代の2人に1人は大学生の時代。やっぱり彼らはバカになったのか? しかし、本当にそう言い切れるだろうか。

   東大、京大はもとより一橋、早大、慶応、上智、青学、明治、法政、日大、同志社、神戸大...過去のJ-CASTニュースから、「イマドキの大学生」の姿を多角的にピックアップ、ちょっと「笑える話」も織り交ぜて報告する。ネットから垣間見えるいまどきキャンパスライフ、覗いてみませんか?

目次
   第1章 大学生「ネット炎上」事件簿
   第2章 「ネット世代」大学生の行動スタイル
   第3章 ネットから覗くキャンパス事情
   第4章 東大は「便所飯」禁止、京大は「ぼっち席」~エリートたちの最新キャンパスライフ~

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中