「餃子の王将」社長が死亡 何者かに銃撃か

印刷

   餃子の王将を運営する王将フードサービス(京都市山科区)前の駐車場で2013年12月19日7時頃、大東隆行社長(72)が拳銃のようなもので撃たれて倒れているのを社員が発見した。NHKの報道などによると、大東社長は腹部や胸など3か所を撃たれ、病院に運ばれたが、死亡が確認されたという。警察は殺人事件として捜査している。

   大東社長は毎朝7時頃に山科区内の自宅から自家用車で出勤していて、普段通り駐車場に止められていたことから、車を降りた直後に襲われたとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中