同人誌即売会に行って「内定取り消し」に 創作ブログの「就活記事」にネット騒然

印刷

   同人誌即売会に行った大学生が、入社予定の会社から内定取り消しされた――こんなブログ記事が話題になっている。

   事実の書かれたニュースではなく、いわゆる「釣り」の創作記事だが、事実と勘違いした人もいて「これで内定取り消しっていいのか?」と騒ぎになり、創作と知っている人からは冷ややかな意見が寄せられている。

「君は著作権法違反の違法なコンテンツを購入した」

   話題になっているのは「就活ニュース:デジタル版」に2013年12月18日に掲載された「同人誌即売会に行った大学生は内定取り消しになる」という記事だ。週刊誌の記事を模したような文章で、漫画同人誌の収集が趣味の大学生A君が、内定取り消しになった理由が書かれている。

   記事によるとA君は同人誌即売会に行ったと、実名のツイッターに書き込んだ。すると内定先の会社から呼び出され、「わが社ではコンプライアンスを重視している。君は著作権法違反の違法なコンテンツを購入した」と、法務部長から問い詰められた。

   A君は同人誌に著作権に違反しているものがあると知っていて、「みんなが買っているし罪悪感はなかった」と言うが、「黙認されていることなら違法行為にも加担するのか」と詰問されると反論できず、その1週間後には内定取り消しの知らせがあった。

   この件について「事情通の就活エージェント」の分析コメントとして、

「黙認されているから大丈夫だ、との言い訳は、事故を起こさなければ飲酒運転をしてもいい、と言っているのと同じ。同人誌即売会に参加する行為は社会人としての遵法精神に欠ける、と指摘されるのも当然でしょう」

という言葉が紹介されている。

   もちろん同人誌の購入で内定取り消しになることは通常はなく、注目を集めることを狙った創作記事だ。だが同サイトには「創作」「虚構」などの表示がないため、事実と信じた人からは、「これで内定取り消しっていいのか?」といったツイートが出ている。

   また、記事中に「A君には一刻も早く違法行為から足を洗い、真人間として再出発してほしいものだ」という言葉もあり、同人誌の購入=違法行為とする記事の内容に、同人誌ファンから不満の声も多い。

就活自殺ネタで炎上も

   同サイトでは就職活動をネタにした短い記事が多数掲載され、「就活の勝者が集う内定者限定乱交パーティーの実態とは」「『乳首何色?』速攻、模擬セクハラ 最新面接テクニック」「ファミレスのドリンクバー研究で製薬会社内定 最新就活情報」といった見出しが並ぶ。

   また内定を得るために自殺する大学生がいる、という記事を書いて炎上したこともあった。面接会場の近くの駅で大学生が電車に飛び込み、その熱意を買われて希望の病院に就職できたという内容だ。

   ネットでは同サイトに対して、

「嘘ニュースなんだろうけど、何を問題にしたいのか皆目わからない」「いい加減、妄想デマ記事書いて、喜ぶのはやめろ」「世評の諷刺はいいけど、ちゃんと一定の手続き踏まないとデマ流してるのとかわんないよ」

という批判意見が多数書き込まれている。

   一方、ブログ作者はツイッターで、

「『就活ニュース:デジタル版』はひとつの小説である。小説の本文に『これは小説です』と書かないのと同じように、就活ニュースのサイトに『これはジョークです』と書くことはない」

としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中