餃子の王将社長、殺される予兆感じず? 「知らないところで恨まれた可能性」

印刷

   何者かに撃たれて亡くなった「餃子の王将」の大東隆行社長(72)は、自分1人で車を運転するなど、狙われている意識がなかったことが浮き彫りになっている。それが何を意味するのか、テレビなどで推論が出ている。

   気さくな人柄で、社員の面倒見もよく――。大東隆行社長については、こんな声ばかりで、恨みを買われるトラブルも報じられていない。

自分1人で車を運転するなど無防備だった

   そのためか、報道によると、大東社長は、事件の起きた2013年12月19日朝、自宅から自分1人で車を運転して、京都市山科区の王将フードサービス本社に出勤した。

   毎朝そうだといい、出勤後は、1人で会社の周りを掃除するのが日課のようになっていた。もし何らかのトラブルを抱えていたとするならば、あまりにも無防備すぎる行動だ。大東社長は、事件前に週刊誌の取材も受け、毎朝のように会社周りの掃除をしていることを隠そうともしていなかった。

   狙われていることを自覚していなかったことについて、日本テレビ系「ミヤネ屋」は、19日の放送で、専門家による推論を紹介した。

   元大阪地検検事の亀井正貴弁護士は番組で、「自分が知らないところで恨まれていることも考えられます」と分析した。それは、出店するための土地を取得するなど事業を展開していく過程の中であつれきが生じたものの、大東社長自らは把握していなかったケースを指す。

   もちろん、個人的なトラブルの可能性もないわけではない。しかし、それだと、なぜあそこまで無防備だったのか説明がつかないわけだ。

   「ミヤネ屋」では、春川正明読売テレビ解説委員も、「警察関係者によると、土地を巡るトラブルがあったんじゃないかと指摘する声もあります」と話した。

反社会的勢力の計画的な犯行?

   大東隆行社長を拳銃で狙った事件については、胸や脇腹に3発も命中させたとみられることなどから、プロによる犯行との見方も報じられている。

   自動式拳銃を使い、薬きょうがいくつか落ちていたという。また、財布などは奪われておらず、現金も残ったままだったといい、最初から殺すのが目的だったらしい。

   「ミヤネ屋」でも、亀井正貴弁護士は、「ここまで大胆な犯行というのは、普通の人ではできない」と指摘し、拳銃を入手できる反社会的勢力の計画的な犯行ではないかとの見方を示している。番組では、銃声は聞いていないという近所の声がほとんどだったことから、拳銃に消音装置のサイレンサーを着けていた可能性があると指摘した。それは、住宅地でもある場所での早朝の犯行に備えたのではないかということだ。

   また、大東社長が1人で車に乗って出勤すると知って、事前に下見をしたうえで、逃走準備をして犯行に及んだとの見方もできるとした。実行犯のほかに、近くで車を待機させていた運転手役がいたことも考えられ、複数犯の可能性があるようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中