「でたらめ手話男」、精神病院に入院

印刷

   南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典で「でたらめ手話」を行った男性が、ヨハネスブルグ近郊の精神病院に入院した。現地紙ザ・スターなどが2013年12月19日伝えている。男性は、式典での行動について「統合失調症を患っており、幻覚に見舞われていた」と釈明していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中