あのメンバーが帰ってくるのか! 「キャプテン翼」連載再開にネットで反響

印刷

   高橋陽一さんのサッカーマンガ「キャプテン翼」の新シリーズがスタートすると、集英社の漫画雑誌「グランドジャンプ」で発表された。

   ネットでは「連載再開きたー!!!!」「え、ちょ、翼くんってまだ23歳以下なの…!?」などと話題になっている。

代表キャプテンとして五輪の頂点を目指す

「キャプテン翼」新シリーズがスタート
「キャプテン翼」新シリーズがスタート

   新シリーズの名前は「キャプテン翼 ライジングサン」だ。2013年12月28日発売の「グランドジャンプ」14年3号から連載を開始する。バルセロナでリーグ優勝決定戦を迎える主人公の翼が、U-23日本代表キャプテンとして五輪の頂点を目指すストーリーとなる。チームには「伝説の新メンバー」を迎える予定だ。表紙と巻頭カラーで、45ページを掲載する。

   「キャプテン翼」は、81年から88年まで「週刊少年ジャンプ」で連載し、アニメ化もしたヒット作品として知られる。全シリーズの国内発行部数は7000万部を超える。連載を始めた当時、サッカーは野球などと比べてマイナーなスポーツで、Jリーグも発足していなかったが、これがサッカー人気の火付け役になったとも言われている。

   「週刊少年ジャンプ」での連載終了後は「週刊ヤングジャンプ」などで、「ワールドユース編」や「ROAD TO 2002編」、「海外激闘編」といった続編を掲載していた。今回新たに「キャプテン翼 ライジングサン」がスタートすることが報じられると、

「翼やあのメンバーが帰ってくるのか? ちょー見てー!」
「ドカベンみたいになってきたな」

などとツイートが出たほか、最初の連載からすでに30年以上経過しているため、

「え、ちょ、翼くんってまだ23歳以下なの…!?(衝撃」
「いつの間にか翼くんよりも年上になっていた俺・・・」

という声も出てツイッターで盛り上がっている。

   また、国内だけでなく海外のウェブサイトでも連載開始が報じられた。「キャプテン翼」は海外での発行部数が1000万部以上ありアニメ版も放送されていて、Wikipediaには26言語による解説が存在する。海外プロサッカー選手の中には子供時代、「キャプテン翼」を読んでいた人も少なくない。

元イタリア代表デル・ピエロ選手もファン

   元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ選手もファンの1人だ。2002年の「Daily Times」記事によると、作者の高橋陽一さんがデル・ピエロ選手に会った際、「小さいころから『キャプテン翼』を読んでいたよ」と声をかけられた。

   オフィシャルブログでも、

「キャプテン翼の作者による直筆画…!とても光栄なこと。ありがとう!早速、僕の事務所に飾ることにします」

と、イラスト入りサイン色紙を持って嬉しそうな写真を掲載している。

   他には、元フランス代表FWティエリ・アンリ選手もファンを公言している。サッカー情報サイト「SOCCER KING 」の記事(2011年12月)で、

「キャプテン翼からは、サッカーをしながら夢を持ち続けることの大切さを学んだ。夢をかなえてくれてありがとう。キャプテン翼のおかげでサッカー選手になることができた」

と熱っぽく語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中