東京タワー、特別展望台の営業21日再開 エレベーターの改修終わる

印刷

   エレベーターの事故で営業を見合わせていた東京タワーの特別展望台が2013年12月21日朝、再開された。エレベーターの改修が終わったため。

   事故は9月17日に大展望台(150メートル)と特別展望台を結ぶエレベーターで起きた。機械室の梁(はり)の溶接部分が外れていたことから滑車のような機器が傾き、ワイヤーが摩耗した。6本あるワイヤーのうち1本が切れ、その拍子に機械室の床に設置してあった鉄板が落下。この鉄板がエレベータの窓に当たって割れ、男児が軽傷を負った。この事故で男児を含む12人が2時間にわたって閉じ込められた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中