「嵐」相葉雅紀、映画初主演にファン歓喜 「干されてると思って心配だった」

印刷

   「嵐」の相葉雅紀さん(31)が映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」で、単独主演することが明かされた。

   ソロでの番組出演やCM出演が少ないと心配されていたこともあって、映画への起用にファンは大喜びしている。

「この作品に携われることに運命」

   「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」は、作家の中村航さんが、シンガーソングライター山下達郎さんの楽曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした原作小説「デビクロくんの恋と魔法」を実写化した映画作品だ。

   クリスマスの夜を舞台に男女4人の関係を描いたラブストーリーで、主演の相葉さんは、漫画家を夢見るヘタレな書店員・光を演じる。幼なじみの杏奈役として榮倉奈々さんなどが登場する。

「観た人が必ずあたたかくなる作品にします!ちょっとファンタジーでクリスマスにぴったりな夢のあるラブストーリーです。クリスマスイブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われることに運命を感じています!」

と、意気込んだコメントを出した。

   相葉さんはこれまで数々のドラマなどに出演してきたが、映画で単独主演を務めたことがなく、今回が初。それだけに、ファンの間で期待が高まっている。

   また2013年はソロの仕事が減ったと言われ、14年公開予定のこの映画への注目は大きい。3年間にわたって出演していたハウス食品「バーモントカレー」のCMを降り、代わりにHey!Say!JUMPが新キャラクターになった。2009年から担当していたフジテレビ系「世界体操選手権」のナビゲーターも降板となり、新たに田中理恵さんが出演した。他メンバーの活躍ぶりと比較され、相葉さんのファンも相当気を揉んでいたようだ。

「ドラマとか映画の話全然ないから心配だった」

   映画単独主演が報道されると、

「相葉氏映画決定おめでとう(´;ω;`) 干されてると思って心配だた」
「ほんとにドラマとか映画の話全然ないから心配だったけどまじでよかったあああああうああああ」

とファンは胸をなでおろし大喜びしていた。

   監督を務める犬童一心さんは、

「『黄色い涙』のとき西大垣の駅で相葉くんのアップを撮っていて『ああ、この人で何か撮りたいなあ』と思いました。やっと実現です」

と、相葉さんを起用した理由をツイッターでこう説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中