マー君にメジャー行のクリスマスプレゼント 「懐の深さ」見せた楽天の思惑

印刷

   まさにクリスマスプレゼントとなった。2013年12月25日、楽天が田中将大の大リーグ挑戦を認め、このオフ最大の関心事は落着した。

   表向きは大団円なのだが、内実はいろいろあったようである。

戦力ダウンさせず、イメージダウンもさせない作戦

   楽天の球団代表は、三木谷オーナーの意思として「チームに対する貢献を評価した」ことを許可の第一条件に挙げた。さらに「大リーグで成功の後押しをしたい」と、懐の広いことを強調した。

   実は、田中の大リーグ挑戦を前提に、条件整備をしていたフシがある。

   日本球界屈指のヒーローの夢と希望を阻止した場合、楽天のイメージダウンは避けられないことぐらい、ビジネスマンの三木谷オーナーは承知している。それならばイメージアップの手段を考えるだろう。その結果が田中の夢をかなえることで、それを認める最高のタイミングを図っていたといっていい。

   「(田中から)今後も地元への協力と寄付をしたい、との申し出があった」と球団代表は明らかにした。田中は「球団に感謝している」と語っており、楽天としては思い通りの決着となったはずである。

   一方、星野監督も手腕を発揮した。田中退団を見越して補強に力を入れた。マギーの後任にユーキリスというマギーを上回る実績を持つ現役大リーガーの獲得に成功。しっかりと補強費を出させたということである。

   つまり球団も現場も、田中の大リーグ行きをちゃっかりと利用している結果となっている。これがプロの世界の本性である。

   おそらく楽天には20億円の入札金が入る。田中個人は、複数年契約は確実で、オプション付きの5、6年の長期契約を取れるだろう。

   有力はヤンキース。チーム立て直しを迫られており、財力を持って獲得に乗り出すことは間違いない。すでに米国のマスメディアは、5年契約で100億円とか6年契約で150億円も、などと騒いでいる。

   ただし、ニューヨークのあるメディアでは「高額契約の田中が失敗すれば、日本球界の評価も下がる」と指摘している。日本で24勝無敗だからといって、大リーグで負けないことはない、と当たり前のことを言っているわけである。

   どの球団に入団しても田中が先発ローテーションに入ることは確実だ。先発投手は5人で、中4日で登板する。シーズン先発回数は30試合から35試合。うち勝敗に絡むのは25試合ぐらい。15勝10敗が主力投手の成績である。

   現在の大リーグの打者は、日本の投手の投球パターンに慣れている。野茂以来、松坂、黒田、岩隈、ダルビッシュらのピッチングで免疫ができているからだ。この点は田中にとって対策のポイントになるだろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中