みのもんたが都知事選に出馬? ラジオ番組で、「誰かの名前忘れてない?」

印刷

   タレントのみのもんたさん(69)が2014年2月9日に行われる東京都知事選に出馬するらしい、といったまことしやかな噂が流れている。みのさん本人も小池百合子衆議院議員、舛添要一元厚生労働大臣、橋本聖子参議院議員といった出馬候補者を鼻で笑い「誰かの名前忘れてない?」などと怪気炎をあげているという。

   ネットではみのさんについて、テレビ業界からも完全引退してほしいのに都知事になるなんてなおさら許せない、という反発が多いのだが、東京都はかつて青島幸男知事を誕生させ、今年の参議院選では俳優の山本太郎氏を議員にしたタレント好きが多いから当選するに違いないといった声も挙がっている。

「5000万円なんかいつでも見ているような奴でなければ」

   みのさんは2013年12月21日の文化放送のラジオ番組「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」で猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選の候補者についてこんなことを語りだした。新都知事は5000万円がカバンに入るか入らないかでオタオタするような人間ではダメで、5000万円なんかいつでも見ているような奴でなければならない、とし、番組パートナーの南波糸江アナウンサーに誰が都知事に相応しいと思うかと聞いた。

   南波アナは小池氏、舛添氏、橋本氏などが候補者の名前として挙がっていると答えると、みのさんは「3人だけ?誰かの名前忘れてない?」と返した。南波アナが東国原英夫氏の名前を出したところでみのさんは、「石松の三十石船」という有名な浪花節がある、と説明し、森の石松は自分の名前が出るまで頑張った、として、

「寿司くいねぇ!って言いたいところだねェ。誰か忘れちゃいませんか、ってんだよう!」

と絶叫アピールをした。南波アナは驚き、

「まさか、私の、目の前にいる?」

といった会話が交わされた。

   この番組でみのさんは出馬したいとの意向をはっきりとは示さなかったが、「週刊朝日」の2014年1月3日・10日合併号にインタビューが掲載されていて、次男の窃盗容疑での逮捕が引き金となり次々にレギュラー番組を降板させられているため「芸能界を引退するのか?」と聞かれると、テレビ番組から新たなオファーが来ているとし「復活」を宣言した。フジテレビ系の「プロ野球 珍プレー好プレー大賞」でナレーションを担当するのだという。そして、14年の抱負として、

「話が来たら都知事選に立候補しますよ。僕は徳洲会から5000万円もらったりしませんよ(笑)」

と語ったという。ただし、どこからもオファーがないと思うので、14年はゆっくり飲み歩きたいと説明しているが、つまり出馬要請があれば出るという事実上の出馬宣言ともとれるのだ。

横山ノック元大阪府知事の再来になってしまう?

   こうしたことからネットでは「みのもんたが都知事選出馬へ」などと話題になっていて、みのさんは安倍晋三首相や森喜朗元首相と親しいから自民党の推薦で出馬する可能性があるし、また東京は山本太郎参議院議員を当選させるなどタレント好きが多いから当選するのではないか、といった予想まで出ている。

   ただしネット上で、みのさんへの風当たりが以前から強いため、当選を断固阻止するべきだといった声が大きい。

「立候補するのはかまわんが、通すんじゃねぇぞ都民共」
「顔見たくないので、早く消えろ!」

などといった意見が出ている。

   みのさんは今年8月に「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、放送終了間際に隣に立っていた吉田明世アナウンサーの尻を触っているような映像が流れたため大バッシングを浴びた。07年にも「みのさんのセクハラが原因で女子アナが番組を降板した」と報じられた。12年7月には「朝ズバッ!」放送中に突然「セクハラ!」という女性の声が聞こえた、などとみのさんのセクハラ疑惑は数多い。みのさんの出馬のうわさからお笑いタレントだった横山ノック元大阪府知事を思い出す人もいて、

「東京都庁がセクハラ三昧の修羅場と化す日も近いのか?」

などと心配している人もいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中