新年もまた日本外交の難問は中韓 元日1面特ダネ、3紙が「中国・韓国関係」

印刷

   新聞各社がそろって特ダネの掲載に力を入れるのが元日の紙面だ。2014年は、3紙が中国と韓国関連の話題を取り上げた。

   安倍晋三首相の靖国神社訪問への批判が高まるなか、新年も引き続き中国・韓国との関係が日本外交にとっての懸案になりそうだ。

2010年には防空識別圏は設定されていた

元日各紙の紙面。3紙が中国や韓国のことを扱っている
元日各紙の紙面。3紙が中国や韓国のことを扱っている

   毎日新聞と読売新聞は中国について扱った。いずれも軍事力の強化を裏付けるものだ。

   毎日は「中国、防空圏3年前提示」と題して、2010年5月の段階で、当時すでに設定されていた防空識別圏の存在を中国人民解放軍の幹部が日本政府関係者に伝えていたと報じている。記事によると、中国側は防空識別圏の範囲を「中国が主張するEEZ(排他的経済水域)と大陸棚の端」と具体的に説明。沖縄県の尖閣諸島上空も含むとの認識を示していた。中国側は不測の事態に備えてリール作りを求めてきたという。

   だが、日本側からすれば、中国側の主張する防空識別圏を前提に議論を進めると「尖閣諸島に領土問題は存在しない」という日本政府の立場と矛盾するため、当時中国側の防空識別圏が公表されていなかったことを理由に、日本側は「公表していないものについて、どう扱うのかコメントできない」と協議を拒んだ。一連のやりとりで、中国が3年前の時点で「領空拡大」に向けた動きを進めていたことが明らかになった形だ。

   読売新聞は「中国軍 有事即応型に」と題して、中国軍の再編計画を伝えている。今の「7大軍区」を有事即応に対応した「5大戦区」に再編するという。この5大戦区には、それぞれ陸軍、海軍、空軍、第2砲兵(戦略ミサイル部隊)からなる「合同作戦司令部」を新たに設ける。この動きを、読売記事では、

「これまでの陸軍主体の防衛型の軍から転換し、4軍の機動的な統合運用を実現することで、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海での制空権・制海権の確保に向けて攻撃力の強化を目指すものだ」

と解説している。

産経は「河野談話」が韓国の意向反映した「合作」と伝える

   産経新聞は日韓関係をめぐる日本側の問題を指摘した。「河野談話 日韓で『合作』」との見出しで、いわゆる従軍慰安婦を募集した際の強制性を認めた1993年の「河野談話」について、発表前の段階でその内容を韓国側に提示し、一部については韓国側の指摘に応じて修正もしていたことを明らかにしている。例えば、慰安婦の募集を行った業者が原案では「軍の『意向』を受けた業者が」とあったが、韓国側は「意向」を強制性が明確になる「指示」に修正を求めた。その後の両国間のやりとりの中で「要望」「要請」と表現は変化していった。産経記事では、談話作成の過程を、

「当時の政府は韓国側へは発表直前に趣旨を通知したと説明していたが、実際は強制性の認定をはじめ細部に至るまで韓国の意向を反映させたものであり、談話の欺瞞性を露呈した」

と厳しく批判している。

   3社の記事は、いずれも扱い方によっては外交問題になりかねない内容で新年早々、新たな火種を抱え込んでしまった形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中