恋愛バレ、総選挙敗北、指原はHKT辞める!? 「よく当たる」栗原類タロット占い結果に戦慄

印刷

   「暗すぎるイケメンモデル」としておなじみの栗原類さん(19)だが、タロット占いもよく当たると評判だ。

   そんな栗原さんが、HKT48の指原莉乃さんについて「2014年はヤバい1年になりそう」と占った。13年はAKBの峯岸みなみさんのスキャンダル発覚を的中させたため、今回も「その通りになるのでは」と注目が集まっている。

「1月からどんどん不安定になる」

「ヤバい1年になる」と占われてしまった指原さん(13年9月撮影)
「ヤバい1年になる」と占われてしまった指原さん(13年9月撮影)

   栗原さんが指原さんを占ったのは、14年1月5日放送の「笑っていいとも!増刊号」(フジテレビ系)のコーナー「タロット類の館」でのことだ。

   指原さんが相談のため館に入ってきたのだが、占われる前から「占ってほしいけど怖いんですよね。すごいんですよね?的中率が」と怖気づいている様子だった。

   相談内容は「2014年も総選挙1位行きたい。できればもっと多くのテレビに出たい」とのことだったが、上半期の運勢を見るために6枚のカードを並べた栗原さんは、「…ヤバい1年になりそうです」と忠告した。

   うろたえる指原さんに「何月にHKT辞めますか?」とぶっこむと、指原さんは絶句ののち、「辞めないですよ…」とこわごわしゃべっていた。

   カードの内容を詳しく見ていくと、「指原さんは1月からどんどん不安定になる」。そして「このまま今の気持ちでいくと、恋愛事が4月に起きます。4月にモテ期が来ると思います」というのだ。

   指原さんは喜んだが、「5月からその人が指原さんの間にどんどん入ってくる。互いの関係がどんどん発展していく可能性がある。それが4月から5月。5月に指原さんは何かしらの決断をするかもしれないんですよ。その決断に失敗する可能性が大アリです。恋愛に限らず何らかの」と言われると、また意気消沈した。

指原は占い師の予言外す「占いクラッシャー」!?

   例年選抜総選挙が行われている6月のカードは、「戦車」の「逆位置」だった。これは「止まっているとか自分が不安定。敗北を表しています」という。

   「給料上がりますか?」という質問にも、栗原さんはカードを1枚引いて「上がらないです」とキッパリ。悪いことばかり言われた指原さんは、「めっちゃ傷ついたんですけど!最悪じゃん…」とすっかり落ち込んでしまった。

   最後には「まとめるとしたら、2014年は自分で決断しない方が良い流れになります」と助言され、「ヤスシ・アキモト(秋元康プロデューサー)に全てを委ねるしかない」と開き直っていた。

   栗原さんは13年1月20日放送の「笑っていいとも!増刊号」でも、峯岸みなみさんが小嶋陽菜さん、高橋みなみさんとのユニット「ノースリーブス」として出演した際、「1月は停滞。私生活でちょっとした火遊びをする。小嶋さんと高橋さんも止められないようなことになる」と占っていた。これを裏付けるように、1月31日発売の「週刊文春」で「お泊まり愛」が報じられ、峯岸さんは研究生に降格。自ら頭を丸めて謝罪する動画が国内外で物議を醸した。

   この騒動がきっかけで「栗原類の占いが当たりすぎる」と話題になったため、今回の指原さんの占いも「当たるのではないか」と心配するファンが少なくないようだ。ネット上では「さっしー大丈夫かな?」「給料は上がらない総選挙で敗北HKT卒業かよ・・・」「莉乃ちゃん気を付けてー 今年の運勢あまりよろしくない上、男絡みとかマジ気を付けてー」など、危惧の書き込みがみられる。

   一方、指原さんはこれまで番組の企画などで悪い運勢が出ても、ふたを開けてみれば絶好調の1年だったということも多く、一部のファンの間では「占いクラッシャー」とも呼ばれている。「占いの斜め上を行く活躍を期待して…一ファンとして今年も応援するしか!」「俺らが無理やり1位にすればいいんじゃ」と気合を入れるファンもいるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中