遺伝子検査、安価で簡単にできるが… 米国では「販売停止」になるキットも

印刷

   遺伝子検査が、誰にでも簡単に利用できるようになっている。親子関係や潜在的な病気を調べたり、最近は美容やダイエット対策として自分自身の体質を調べたりするのに使われている。

   米国では自分のルーツ(祖先)を探るのにも使われているそうで、用途が広がり、検査に必要な費用も安くなった。その一方で、遺伝子検査キットが販売停止となるケースも出てきた。

遺伝子解析に「たったの99ドル」

遺伝子検査は誰でも手軽に利用できるようになった。(画像は、「23andMe」のホームページ)
遺伝子検査は誰でも手軽に利用できるようになった。(画像は、「23andMe」のホームページ)

   「たった99ドル(約9900円)で、あなたの遺伝子を解析します」――。13年8月、全米でこんなテレビCMが流れた。遺伝子解析を手がける米シリコンバレーの「23andMe」(23アンドミー)のCMだ。

   23アンドミーの遺伝子検査は病院に行く必要がなく、自宅から手軽に利用できる。インターネットの同社のホームページで99ドルの遺伝子検査キットを申し込むと、検査キットが届く。唾液を採取して容器に入れて送り返すと4~6週間で解析が完了し、自分専用のホームページで結果を閲覧できる仕組みだ。

   すべての遺伝情報ではなく、病気や薬の反応などとの関係が深い一部の遺伝情報だけを解析する仕組みを採用したこと、また利用者を増やすことで規模のメリットを追求して、コストダウンを図った。

   遺伝子解析で、254項目の健康に関するリスクや、自分の体質やルーツを探る手がかりがつかめる。

   2007年から始まった同社の遺伝子検査は、すでに米国内外で50万人が利用していて、13年中に100万人に拡大する計画だったとされる。

   ところが、米食品医薬品局(FDA)は11月、健康リスク判定サービスの販売停止を求めると警告した。FDAはその理由を、同社の健康リスク判定によって消費者が自分の判断で治療を変更したり、誤った判定や偽陽性で消費者が間違った判断を下したりする危険性を指摘している。

   23アンドミーは現在、自身のルーツを探るための遺伝子検査のみで販売を続けている。

肥満関連の検査では5250円で受けられる

   じつは日本でも、1~2万円程度で遺伝子検査を受けることができる。米23アンドミー社と同様に、検査キットを購入して自宅で唾液などを採取して送り返す方法。その手軽さから、利用者も増えているようだ。

   遺伝子を調べることで、親子関係はもちろん、美容やアンチエイジング、ダイエット対策や生活習慣病の予防、子どもの潜在能力検査など、わかることは多岐にわたる。医療現場では遺伝子情報を知ることで、その人の体質にあった治療方法や薬の投与ができるようになる。症例はまだ少ないが癌の治療にも有効とされる。

   ある健康食品・サプリメント販売の会社が行っているダイエット対策(肥満関連遺伝子検査)の遺伝子検査キットは5250円で販売しているという。

   もちろん、病院・診療所でも受診できる。

   ちなみに日本の遺伝子検査については、日本医学会がガイドラインを設けているものの、厚生労働省は「(遺伝子検査の)規制などには関与していない」としている。現在、どのような会社が遺伝子検査キットを販売し検査しているか、詳細は把握していないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中