やしきたかじんさん死去 食道がんで休養中

印刷

   関西を中心に歌手やタレントとして活動していたやしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さんが2014年1月3日に死去したことが7日、明らかになった。64歳だった。

   やしきさんは1976年にシングル「ゆめいらんかね」でメジャーデビューし、その後も「あんた」「やっぱ好きやねん」などのヒット曲で注目を集めた。歌手としてだけでなく、「たかじんのそこまで言って委員会」など自分の名前を冠にした番組の司会役で大人気となり、切れのある毒舌トークでテレビやラジオ番組で活躍、「関西の視聴率男」の異名をとった。関西にこだわり、全国ネットのテレビにはほとんど出演しなかった。政治家との親交も深く、橋下徹・大阪市長とはとくに親密だった。

   2012年1月、初期の食道がんのため芸能活動を休止し、4月に手術した。13年3月に仕事に復帰したが、5月には体調を崩して再び長期休養に入っていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中