ダウンタウン浜田「リタイヤ」宣言 50歳過ぎてスリッパで殴られる仕事は嫌だ

印刷

   お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功さん(50)がテレビ番組で、「オレもほんま、リタイヤしたいもん」と発言した。ネットでは、芸能界に嫌気がさしているのではないか、視聴率が取れなくて悩んでいるのではないか、などと騒ぎになった。

   日本テレビ恒例の2013年の大晦日に放送した「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!!」第1部の視聴率が19.8%と大健闘したが、この番組も終了させたいなどと漏らした。

大橋巨泉のように生きるのが理想

   浜田さんが出演したのは2014年1月7日に放送したMBS系のロケ番組「ごぶごぶ」。お笑い芸人の東野幸治さん(46)と関西地区の街を散歩しながら飲食店に入り、番組視聴者からの質問に答える番組だ。この日は19歳の女性からの質問で、50歳になった浜田さんは60歳までに成し遂げたいことはあるか、というものだった。浜田さんは困ったような顔をして、「やること、なんかある?」と東野さんに振り、こう語った。

「オレもほんま、リタイヤしたいもん」

   東野さんをはじめテレビスタッフの驚く声が響くと浜田さんは、大橋巨泉さんのようになりたいと説明した。巨泉さんは1990年に「セミリタイア」を宣言し、芸能界から離れた。海外で過ごしたり、ゴルフなどを楽しんだりしながら、たまにテレビなどに顔を出し「仕事」をする生活を送っている。浜田さんもやりたいことだけチョロチョロとやって、ゴルフをやりたいのだそうだ。

   東野さんからリタイヤはまだ早いと引き止められると、

「いや、いや、いや、もうええやろ、もうええんちゃう?」

とリタイヤを考えているような様子を見せた。

   また、13年の大晦日に日テレで放送した「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!!」も話題になった。番組内の鬼ごっこのシーンで浜田さんは後頭部をスリッパで思いっきり殴られた。頭がキーンとなって暫く動けなかったという。それを見ていた山崎邦正さん(45)から、

「50になっても、まだあんなことされるんですか?」

と心配されたと打ち明けた。50を過ぎたわけだからこうした仕事はしたくないそうで、この大晦日の番組自体も、

「いつをきっかけに終わるのか?ほっといたらヤバイぞ」

と終了させたい意向を示した。

冠番組が相次いで打ち切りとなり新番組もコケた

   ネットでは浜田さんの「リタイヤ発言」について、

「ここ数年は目に見えてモチベーションが下がってる」
「事実上のダウンタウン解散宣言か。松本はどうするんだろうな」
「浜田はすでに頂点とったからな。本気でもうどうでもいいんだろうw」

といった感想が出ている。また、冠番組の視聴率が取れなくなったから退き時を考えているのだろうと感じている人もいる。

   ダウンタウンが出演する番組はこのところ視聴率がさえない。

   20年近く続いたフジテレビの「HEY!HEY!HEY!」が12年12月で打ち切られ、10年には同局の「ジャンクSPORTS」が終了した。13年はフジの「爆笑 大日本アカン警察」と、TBSの「リンカーン」が揃って9月で打ち切りになり、後番組「教訓のススメ」、「100秒博士アカデミー」も視聴率は散々だとメディアに叩かれている。89年に始まった日テレの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」はダウンタウンの象徴的番組だが、視聴率が取れなくなっていて打ち切りも噂されるようになった。

   浜田さんは自分の身の程や位置を分かっているので、今の状況を判断して「リタイヤ」らしき発言が出たのだろうと推測している人もいる。また、松本さんは映画監督としての新たな道をみつけているが、今の浜田さんにはそのような新しい展開がみあたらない、とみる人もいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中