NHK大河ドラマしのぐ「くまモン」の経済効果 日銀熊本支店 異例の調査で2年1300億円

印刷

   熊本県のPRキャラクター「くまモン」が過去2年間(2011年11月~13年10月)に熊本県にもたらした経済波及効果は1244億円、テレビや新聞に取り上げられた広告効果(パブリシティ効果)は90億円以上と、ゆるキャラとして「破格の効果」(関係者)をもたらしたと、日銀熊本支店が推計を発表した。

   2012年分の経済波及効果は508億円で、日銀の各支店が調査するNHKの大河ドラマ等の経済波及効果と比較すると、くまモンの圧勝だった。

人気キャラクターの経済効果を日銀支店が調査するのは初めて

経済効果も抜群だモン!(13年5月撮影)
経済効果も抜群だモン!(13年5月撮影)

   人気キャラクターの経済効果を日銀支店が調査するのは初めて。調査は、くまモンが「ゆるキャラグランプリ2011」で優勝した2011年11月以降の2年間とした。調査は(1)くまモンを利用した商品の売上高(2)くまモンによって増加した観光客数――をそれぞれ推計し、熊本県への経済波及効果を試算した。くまモン利用商品の売上高は、熊本県が利用を許諾した企業に絞った。

   広告効果は、テレビ放送のニュースや番組で、くまモンが取り上げられた時間と、新聞に掲載されたくまモンに関する記事の面積を調査し、これに相当する広告料金を試算した。新聞に掲載されたくまモン関連の記事は、朝日、毎日、読売、日本経済、産経の全国紙と地元紙・熊本日日新聞の記事検索で164ページ、朝刊に換算すると約4日分の全紙面に相当する露出ぶりだったという。

10年の「龍馬伝」で高知県への経済効果535億円

   テレビで放送されたニュース・番組でくまモンが取り上げられた時間は、合計127時間。「全国ネットのテレビ放送、全国紙記事を中心に、2012年秋以降の増加が目立った」という。日銀熊本支店は「試算の調査対象が網羅的とは言えないことから、実際のパブリシティ効果は、試算よりも大きいと考えられる」としている。

   くまモンの経済波及効果を相対的に比較する資料は少ないが、日銀は全国の各支店が毎年のNHKの大河ドラマの経済波及効果を同様の手法で試算している。2003年以降の大河ドラマで最も経済波及効果が大きかったのは、10年の「龍馬伝」で高知県が535億円、長崎県が182億円。次いで2008年の「篤姫」での鹿児島県の262億円。日銀松江支店が調べた出雲大社大遷宮は285億円というから、単純比較はできないものの、くまモンの経済波及効果の大きさがわかる。2012年のくまモンの経済波及効果は熊本県の県内総生産を約0.5%押し上げ、2013年のパブリシティ効果は熊本県のくまモン関連予算(約2億円)の約25倍に上った。

   日銀熊本支店は「くまモンの経済効果はこれまで相当大きくなってきたと評価できる。今後はくまモンのブランド価値の向上と維持が必要になるとみられる。くまモンと熊本の関連性をどのように強めていくか、これまでの成果を持続させる体制・仕組みをどのように作るかなどが課題になる」と指摘している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中